5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スレ立て代行スレ用スレ立て代行スレ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 00:06:45 ID:HDbKDtXj0
スレ立て代行スレ立てます

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 00:06:55 ID:8kQsvKzL0
3年ほど前のこと、訪英したブッシュ大統領は,サッチャー元首相と会談したことがあった。
「マダム。あなたの成功の秘訣を是非お伺いしたいですな」
「そうねえ」鉄の女は言った。「やはり優秀な人材を集めることかしら」
「もっともです」ブッシュは深く頷いた。「しかし、優秀かどうかを見分けるのがなかなか難しくはありませんか」
「簡単なことよ」サッチャーは答えた。「ではやってみましょう」
彼女はそう言うと、ブレア首相に電話をかけた。
「こんにちは、トニー。ちょっとした質問に答えてくれるかしら」
「ええ、どんな質問でしょうか。マダム」
「あなたのお父上とお母上から生まれたのに、あなたの兄弟でも姉妹でもないのは誰?」
「はっはっは」ブレア首相は笑って答えた。
「それは私です」

ブッシュはホワイトハウスに戻ると、早速チェイニー副大統領とラムズフェルド国防長官を呼び出し、例の質問をしてみた。
すると二人は首をひねるばかりで、なかなか答えられない。
大統領がやきもきしていると、そこにパウエル国務長官が入室してきた。
「ちょうどいい、コリンにも聞いてみようじゃないか。君ら2人は外で少し考えてきたまえ」
ブッシュはこう言って二人を追い出し、パウエルに例の質問を投げかけると、彼は即座に「それは私ですな」と答えた。
すると、先程の二人が大統領執務室に戻って来て、こう言った。
「例のご質問ですが、分かりました。それはパウエル国務長官です」
大統領はひどく落胆した。こんな連中がブレーンでは、次期大統領選は絶望というものではないか。
「どうしようもないな。君たちは」大統領は溜息をつきながら言った。「恥を知りたまえ」
そして大統領はこう言った。
「答えは、トニー・ブレアだよ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 02:17:26 ID:H3xcXw1+0
すげー2で終わってるよこのスレ
マジすげーマジすげーage

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 02:18:27 ID:F4UrXyf50
すまたブーメラン

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 02:23:11 ID:2SaJ8WWO0
スレタイ
机に「○○テラウザスwww(´・ω・`)」って書いた奴ちょっとこい
本文
話を聞こうか

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 04:20:01 ID:piR9f2xs0
 


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/17(木) 04:21:36 ID:R24BrGPBO
( ´_ゝ`)

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)