5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ブーンが戦うみたいです

1 :代行:2005/11/06(日) 15:58:09 ID:0IO/obbr0
I shot the sheriff

「なんか・・・そろそろ雪でも降りそうね」
「天気予報では、今年の冬は寒くなるみたいだお。風邪に気をつけたほうがいいお」
「心配なんて・・・して欲しく無いわ!!でも・・・あ」
「うはwwきめぇwwwwwwww」

vipトキオ高校から帰る二人の足もとでは枯葉が黄土色の絨毯を作り出していた。
金色のロールした髪を優雅に揺らしている少女は頬を赤らめながら歩いていた。
vipトキオ、ラウンジとの戦争状態にあるvip国において、唯一その被害を免れてる大都市である。
それ故に現在のvip国の経済はこの都市に依存しているといって差し支えない、
特に郊外のファービー牧場で飼育されるファービー2型は、食用、愛玩用、オナニー用とさまざまな使い道がある。

ブーンはそのファービーの発案者である母の元で育った。
父親はブーンが物心ついたときにすでに他界していて、父との思い出なんていうものはひとかけらも無かった。

「ちょっと!!なによそれ!!!」
「別になんでもないお。それより、別にショボーンさんのところにまで付いて来なくていいお」
「だってあんた・・・一人で放って置いたらどこに走っていくか分からないから・・・別に心配してるわけじゃないわよ!」
「大丈夫だお、ツンと違って道に迷ったりはしないおwww」
「ちょ・・・おま」

二人はそれが日常であるかのように、会話を続けながらvipトキオ港湾区へと向かっていた。
ブーンは母に頼まれて、そこでバーボンハウスを経営するショボーンさんの元へ手紙を渡しにいく所だった。
ブーン母とショボーンとの関係をブーンは知らなかったし、特に知ろうともしなかった。
なぜなら、ブーンは母が父親の話を避けているように感じていたから。
そして、ショボーンの事をブーンは父親の様に感じている節があった。


145 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 18:34:53 ID:9H35Odqb0
しかし赤服の男、ドーンにはそれ以外にまだ聞くべき事があった。

「姉はどうした」
その言葉を聞き、艦長は眉間の皺を寄せるのを辞め、代わりに下卑た笑みを浮かべた。

「聞きたいか?」

一瞬、沈黙が訪れる。

「殺したのか」
「お前に一目見せておいた方が良かったかな?」

聞くべきじゃなかった。答えなんて分かっていたのだから。
ドーンは艦長を真似る様に口に笑みを浮かべた後、ブリッジから立ち去ろうとした。

146 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 18:36:21 ID:9H35Odqb0
ドーンの背中に艦長が声をかける。

「何処へ行く?」
ドーンは歩みを止めて、オートドアの前で立ち止まった。

「アラシスクリプトでスタンバイをしておく」

アラシスクリプト。
7機生産されたブーン型の中で唯一、
ブーン型スクリプトの設計思想を再現しえる事が出来た兵器。

姉が設計した兵器。

妹が身を捧げた兵器。

147 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 18:37:11 ID:9H35Odqb0
「vipのブーン型か・・・」
艦長はモニターに眼を戻し、そう呟いた。

それはこの作戦における唯一の不確定要素であった。

先日の偵察任務に派遣された3機のイッテヨシはそのブーン型に潰された。

vipトキオの防衛能力を調べる事も出来ずに、
その偵察任務はvip側に兵力を集める時間を与えただけの形になった。

「来ると思うか」

「あぁ・・・」

それだけ呟くとドーンはブリッジを出て行った。


148 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 18:37:32 ID:9H35Odqb0


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 18:39:51 ID:fyLwvP+y0
乙。
オムニバス形式のようですね

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 18:53:51 ID:fB+S0rkpO
今までの作品で一番好き

151 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 19:23:25 ID:9H35Odqb0
なんか、またまとめられなかった・・・
もう少しだけ猶予を下さい(´;ω;`)ウッ…

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 20:40:27 ID:YFzzFVDAO
⊂二二二(^ω^)二二⊃保守ブーン

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 20:40:47 ID:JtXkyIoq0
128 :ロザミィ ◆Rosam/DzxA :2005/10/06(木) 01:50:57 ID:whUAh7vT
VIPって評判悪いから来て欲しくないよね。

148 :雛子p ◆.GuVh1SJwQ :2005/10/27(木) 02:02:58 ID:DH8IQIkO
VIPERウザイ。
氏ね

185 :りんく& ◆HVfJhPh0Xs :2005/11/05(土) 00:08:38 ID:1gob8eDI
30分で1000まで行ったらおっぱいうpしますw

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:34:45 ID:flDveNWW
http://vipquality.orz.hm/imageup/file/OTL1243.jpg

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:40:26 ID:fwgX7xf9
http://vipquality.orz.hm/imageup/file/OTL1244.jpg
引き続きうpします☆お楽しみにー♪

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 16:56:38 ID:N953ncMu
どうもお疲れ様ですw
ttp://vipquality.orz.hm/imageup/file/OTL1636.jpg

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 18:58:45 ID:yB6IqFYM
ttp://vipquality.orz.hm/imageup/file/OTL1645.jpg
燃料投下しちゃうぉw


http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1127407437/
VIPERがバカにされてますね(^ω^#)
おっぱい祭りも開催中なのでみんな突撃汁!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 20:55:30 ID:ut8KxFuVO
俺は待ち続けるぞ

155 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:36:07 ID:9H35Odqb0
my man's gone now

バルスはブーンが想像していた形状と随分異なっていた。

画面に映された遠距離カメラの映像では、
まるで切り取られた大地に1本の塔がそびえている、そんな姿に見えた。
その大地の淵には、犬が口を開けているような、恐らく兵器であろう物が隙間無く埋め込まれている。
そして、半球状に造られている大地の底面には4機の巨大なおでんが設置されていた。

ホシュと出会ってから、まだ1日しか経っていない。
それなのにこのホシュといると、不思議な気分に包まれた。

栓をされていた浴槽の水が、
全てあるべき所に帰っていく様な、
そんな気分がする。

156 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:37:26 ID:9H35Odqb0
集中しろ。
頭を左右に振り、思いを追い払う。
風が不穏な空気を運んでくる。

何か来る。
その瞬間、ブーンは左右に平行に開いていた両腕を、右側に大きく傾けて回避行動を取った。

どちらが先だったのだろう。

ホシュが無事な所を見ると、回避は間に合ったようだ。
さっきまでホシュが走っていた空のラインには、
いくつもの紫色の光線が風を切り裂きながら、通過していた。

157 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:39:04 ID:9H35Odqb0
バルスの攻撃。

恐らく、ブーン型スクリプトを搭載しているバルスは、
敵にブーン型がいた場合を想定して、
超長距離型のレーダーを積んでいるのだろう。

補足されてる。しかし避けれた。
ブーンは2射目が来る前にバルスを壊すために、加速を始めた。

158 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:40:25 ID:9H35Odqb0
砲撃には暫しのチャージが必要な様だった。

犬の口の中の紫色の光は、小さな球状から徐々に大きくなっている。

いつ発射されるのか。
それは分からなかったが、恐らくは2射目を貰うまでには攻撃可能範囲まで近づく事が出来る。

ブーンはそう確信した。

159 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:41:22 ID:9H35Odqb0
バルスの動力炉がどこにあるかを内藤さんは教えてくれなかった。
しかし、指揮ブリッジは恐らく塔の部分だろう。

あれならブーンソードで切り落とせる。
それで全てが終わる。

ブーンは広げている両手を、ブーンソードを取り出すために腰に添えた。

その時だった。

160 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:43:09 ID:9H35Odqb0
衝撃、それに少し遅れて緊急アラート。
ホシュスクリプトは体勢を崩し、殆ど自由落下に近い状態になった。

そこに再度飛来した物体は、ブーンには風に見えた。赤い風だ。
避けろ。

頭の中でその声がはっきりと聞こえた。
ブーンソードを掴み、腰に添えていた腕をホシュスクリプトは真横に大きく広げた。

加速、機体は速度を上げ、斜面を転げるように空を駆け下りた。

衝撃は無い。回避は間に合ったみたいだ。

161 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:44:16 ID:9H35Odqb0
ホシュがあった筈の場所を赤い風が吹きぬける。
速い。恐らくはホシュよりも。

ブーンは機体を再加速させ、その風から距離を取ろうとした。

しかし、その目論見は一瞬で崩れた。

赤い風は既にホシュの前方にいた。

162 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:44:51 ID:9H35Odqb0
いや、赤い風では無かった。

真正面から見据える形になったブーンにはそれがはっきりと見える。
ホシュスクリプトと同型の機体だ。

黒と深紅のカラーリング。
鋭利的な装甲。

そして、その機体はホシュに向かって明らかな悪意を持っている。そう感じた。


163 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:45:57 ID:9H35Odqb0
まずい。

ブーンはホシュの加速を止め、右腕のブーンソードで上段から切りかかった。

それを予期してたかの様に、赤いスクリプトは右手に持つやや湾曲した剣でそれを受け止める。
向かい合う状態で二つの機体は停止した。

164 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:47:19 ID:9H35Odqb0
笑い声が聞こえる、下卑た笑いだ。

ブーンは後方へ機体を急加速させる。
赤いスクリプトは難なく追いつき左腕で切りかかってきた。

それを受け止めるためにブーンはホシュを再度停止させ両腕を交差させる。

二つの金属が激しくぶつかり合う音がした。
それと同時に、またあの笑いが聞こえてくる。

165 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:48:27 ID:9H35Odqb0
「なんで笑ってるお!!」

ブーンは叫んだ。叫ばずに入られなかった。
その笑い声に、ブーンは酷く悲しい気持ちになったから。

「笑わずにはいられない。そうだろう?」
2機はそのままの状態で激しい鍔迫り合いを続ける。

「分からないお・・・」
ホシュスクリプトは震えている。力を両腕に込めているからか。
赤い機体のパイロットが笑い続けているのが聞こえる。

「でも・・・」

166 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:49:26 ID:9H35Odqb0
ブーンは両腕に出来る限りの力を込める。

そして母の顔を思い浮かべる。
きっと、きっともういない母の顔を。

「それはきっと笑っちゃいけない事なんだお!!」
ブーンは両手を勢い良く前に押し出し、加速をした。

出来る限りの。

167 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:50:30 ID:9H35Odqb0
それを見て赤のスクリプトも加速を始める。

しかし先程とは違い、ホシュは白い風を放ちながら赤のスクリプトを翻弄し始めた。

ブーンソードが赤いスクリプトを切り刻んでゆく。
赤いスクリプトは踊りながら笑い続けている。

それでも、ブーンはその腕を止めなかった。

次第に赤いスクリプトはその形を削られていき、
最後には装甲を全て失った状態で、黒いオイルに塗れた姿で落下。
そして爆発した。

笑い声はもう聞こえなかった。

168 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:51:38 ID:9H35Odqb0
バルスの方へ振り返る。

もう紫の弾は発射寸前にまで肥大している。
ブーンはホシュの両腕を広げ改めてブーンソードを構えた。

閃光。
紫の光がバルスに接近するホシュを撃ち落そうと襲い掛かる。
その光の渦を掻い潜り、ホシュはバルスの塔を切り落とした。

空を飛ぶ地上から塔が落ちていく。
そのブリッジからは紫の軍服を着た軍人が見えた。

バルスから兵隊達がパラシュートを着けて飛び降りていく。

その姿を見て、ブーンは不意に泣き叫びたい衝動に囚われた。


169 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:52:18 ID:9H35Odqb0
空中要塞は方向転換を始めた。

恐らく・・・指揮系統を失ったバルスは母港に向かおうとしているのだろう。
ブーンは混乱し始めた頭の隅でそう思った。

「ボクが・・・終わらせなきゃ」
ブーンはホシュから降りて地下に存在するであろう動力炉に向かおうと決めた。

走る気には、なれなかった。
脱力感と不安が胸を掻き毟る。

それでも力を振り絞り、ブーンは歩き始めた。


170 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:53:34 ID:9H35Odqb0
「あの・・・エンジンはどこにあるお・・・」

崩れ落ちようとしている地上から逃げようとする人の流れの中で、何回もブーンは声を上げた。
しかし誰もその言葉に答えてはくれなかった。

背中にパラシュートを背負った軍人の川を、逆流するようにブーンは歩き続けた。

どれぐらい探しただろうか。

ブーンはどこを巡ったかも分からずに、地下を進み続けた。
いつの間にか、バルスからは全ての音が消え失せていた。

171 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:54:21 ID:9H35Odqb0
静寂。

しかし、静けさがあるはずのその場所で、
ブーンにははっきりとあのパイロットの笑い声が聞こえていた。

悲しげで、不気味で、どこかで聞いた事のあるあの笑い声を。

ブーンは頭を抱えてその場にうずくまった。
内藤さん・・・ツン・・・


172 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:55:23 ID:9H35Odqb0
スクリプトの飛来音。

聞こえた瞬間、ブーンの目の前に古臭いスクリプトが大地をぶち抜いて現れた。

頭部のコックピットカバーが開く。

とても懐かしい顔がそこにあった。


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 21:56:05 ID:GFeJOHCcO
>>1
お前、前にバイオに便乗してたやつじゃね?

174 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:56:12 ID:9H35Odqb0
「なんで・・・ここにきたお?」
内藤さんはコックピットから飛び降りると、煙草を口に咥えて黒のジッポで火をつけた。

「これは・・・ボクが壊すんだお!!」
内藤さんは地下の壁を見つめながら煙を吐き出す。

「これを壊す事が・・・ボクのお母さんとの最後の約束なんだお!!」

内藤さんは煙草を右手に挟みながらボクを見た。


175 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:57:22 ID:9H35Odqb0
「ブーンは良くやったよ」
「それでも・・・」
言葉を遮り内藤さんは続けた。

「ブーンじゃなきゃここまで来れなかった。
 ここから先は私の役目だ。
 私の・・・ブーンのお母さんとの最後の約束だな」

ブーンは下を向き溢れそうになる涙を堪えた。
内藤さんは煙草をもう一回吸った後、寂しそうな眼のままで口を開いた。

「ブーンとお母さんの最後の約束は、手紙にちゃんと書いてあっただろう?」

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 21:57:44 ID:fyLwvP+y0
乙。
> 「それはきっと笑っちゃいけない事なんだお!!」
これがカッコヨス

177 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:58:03 ID:9H35Odqb0
内藤さんのその言葉を聞いた後、ブーンは一度だけ内藤さんの眼を見た。

そして、両腕を上げて走った。
ツンの所に帰る為に。


178 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 21:59:07 ID:9H35Odqb0
機動戦士しぃ  完

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:01:36 ID:YFzzFVDAO
>>1
GJ!!漏れも⊂二二(^ω^)二⊃ブーンするお

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:01:45 ID:pMSQM1X40
>>178
テラGJ!!!!111!!!!1!!!
wktkしながら一日張り付いてたぜ!

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:03:20 ID:3Tpxz8lmO
>>178乙。おもしREEEEEE!
  ブーン/⌒ヽ
⊂二二( ^ω^)二⊃
   |  /
   ( ヽノ
   ノ>ノ
 三 レレ


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:03:20 ID:fB+S0rkpO
……?

183 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 22:18:48 ID:9H35Odqb0
いや、皆さんごめんなさい。
どう見ても消化不良です。
すみません。

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:28:40 ID:AMpq9PxqO
もっと読みたい

185 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 22:29:32 ID:9H35Odqb0
>>184
無理。書けない。

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:31:41 ID:AMpq9PxqO
はにゃーん…orz

187 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 22:33:29 ID:9H35Odqb0
ヤンマーニヤンマーニヤンマーニ♪

o...rz

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 22:40:29 ID:cZiMsAky0
……orz

189 :1 ◆yQDOG.ntlM :2005/11/07(月) 23:00:42 ID:9H35Odqb0
エピローグすら書けない・・・

お付き合い下さってありがとうございました。
受け取った批判、要望は来世で活かさせていただきます。
それでは皆さんさようなら。



   ||
 Λ||Λウィウィルリーチトゥナウヒアランド
( / ⌒ヽヤンマーニヤンマーニヤンマーニ・・・ヤーイヤー
 | |   |プーッピッピプーッププープー
 ∪ 亅|ヤサシゲニホホエム・・・
  | | |アナタニモシアタシガ・・・
  ∪∪プーップッププーッピッピピープー
   : ドコニデモワタシハ・・・
   :

 ‐ニ三ニ‐


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 23:08:06 ID:NvEXEsfV0
ワークスおわったwwwwwwwwwwっうぇwwwwwww
>>1GJ。 だれかまとめサイト早く作。キャラデザなんかもやっちまおう

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/07(月) 23:29:38 ID:AaMPUXgV0
こう、絵は無いんだけどはっきり想像はできるっていう文章すごいな

憧れるお・・・( ^ω^)

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/08(火) 00:00:13 ID:EGZj5jNX0
ブーンカコイイ

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/08(火) 00:11:42 ID:QjTFjqnHO
映画化決定

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/11/08(火) 00:12:52 ID:QjTFjqnHO
いやフラッシユでいいから誰か作ってくんねえかな

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)