5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スレタイ ひぐらしのなく頃に 紙新聞紙編 VIPのみんなで作ろうぜ

1 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 19:34:12 ID:aZElaYcJ0
前スレ
スレタイ ひぐらしのなく頃に 後の祭囃子編 VIPPERで作ろうぜ
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1128522537/

スレタイまとめ
http://ra-meso.hp.infoseek.co.jp/

【とりあえず】VIPでひぐらし【乳すじ大爆破】
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1129752204/

本スレまとめサイト
http://oyasirovip.run.buttobi.net/

避難所
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/4923/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 19:34:20 ID:/y8COEAt0 ?#
独りでやれ

3 :超絶魔界波動残酷冷徹戦士闇暗殺丸百二十世 ◆LLeK2xlrfQ :2005/10/20(木) 19:34:22 ID:IrhrA5DI0
いいよ^^

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 19:34:23 ID:ovHswJkB0
>>1
ほとんどセクハラ

5 : ◆ozOtJW9BFA :2005/10/20(木) 19:34:25 ID:ZvD0mvMx0
a

6 : :2005/10/20(木) 19:34:45 ID:ZvD0mvMx0


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 19:39:13 ID:yhBavDM50
ぉぉぅ
ついにたったのか。
とりあえずラーメソキュンオツツ

8 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 19:41:05 ID:aZElaYcJ0
どうせだから今日は行ける所まで突っ走ってみます。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 19:42:12 ID:qVBXJLGG0
さあがんばれ!!

10 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 19:56:57 ID:YdY2Jqpj0
「み、店の中で講義してたんですか…!!!
 ぷ……おじさん見逃しちゃったなぁ!!残念です!」
「ハッハッハ!
 時間があれば今からでも講義したい所だったんだけどなぁ!」
「えっ?誰かと会う約束でもなさってるんですか?」
「…あぁ、サークルの後輩とね…
 彼女を待たすと後で何されるか分かんないからなぁ…」
「そうですか…残念ですねぇ!」
「ハハ!また会うときを楽しみにしてるよ!」

そう言って変人は鼻歌混じりに去っていった。
去ってしばらくしてから私は魃に話しかけてみる事にした。

「ねぇ……魃ぃちゃんとあの人ってどういう関係なの?」
「ん…………?あぁ、シロウさんの事?」
「うん…何だかとても親しそうだったから…」
「おじさんの知り合い…っていうか夏純の知り合いって言うほうが正しいかねぇ?」

また夏純という名前が出てきた。

「何だかネットで知り合ったとか言ってたけど……
 おじさんもシロウさんの詳しい素性は何も知らないんだよ。」
「ふーん…」

何であんな変人と知り合いになる気になるんだろ…
私には理解できない。
理解しようとも思わないけれど。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 20:01:05 ID:wk1rVnE40
ラメソ氏乙つ!

12 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 20:14:32 ID:h7XeH4TF0
そうこう言っている間に私達は園崎家に着いていた。
かなり大きい家という事は魃に聞いていたから知っていたが……

「この周りの山とか全部魃ぃちゃんの家の物なの…?」
「うん、まぁ…そういう事になるかねぇ………」

アパートにしろ何にしろスケールが大きすぎる。
これが真の大金持ちという奴なのか。
何故か猛烈に頭を抱えたくなってきた。

「今日は叔母さんもお手伝いさんも誰も居ないんだよねぇ…
 何か無駄に広い家に二人っきりってのも何だかなぁ…って感じだねぇ。」
「私、誰も居ないのに家に上がらせてもらってもいいのかな…?」
「うん!まぁ、それはもちろんなんだけどさ………
 二人っきりってのも何だし、どうせだから友達でも家に呼んでみるかねぇ……」
「あ…!いいよ!いいよ!気にしないで!
 私もここにそんなに長時間居るわけじゃないし!」
「あっ………そう言えばここを見終わったら
 興宮に帰らなければならなかったんだったねぇ。
 …全く、奈緒も雛見沢に住んでたらどれだけ良かった事か……」

そう言いながら魃は玄関の鍵を開けた。

13 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 20:26:21 ID:aZElaYcJ0
魃と談話しながらお茶を飲んでいると
あっという間に滞在時間が過ぎてしまっていた。

私は帰り支度を始める。

「奈緒……おじさんは本当に見送りしなくてもいいのかい?」
「うん、大丈夫だよ。
 帰りの道くらいなら大体分かるから………」

既に外は日が傾きかけていた。
ひぐらしがここぞとばかりに合唱している。

「じゃあ…祭りの日に会おう…絶対に会おうね………」
「うん…絶対に行くよ……必ず行く……」

静かに私はそう言った。

14 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 20:27:14 ID:aZElaYcJ0
「じゃあ……指きりげんまんしよっか!」
「えっ…そんな事しなくても私は必ず祭りには行くよ…?」
「ううん、そんな事は分かってるけどね…
 こういう事しとくと約束破ったときの重みが全然違ってくるじゃん!」

……そういう物なのか?
私にはいまいち分からないけれど…
 
「それじゃあ…しとこうかな。」
「うん!しとこう!しとこう!
 絶対しといた方が良いって!!!」


「「ゆびきりげんまん



 嘘ついたら針千本のーます!



 指きった!!!!」」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 20:28:53 ID:qVBXJLGG0
指が4本にぃいいいい

16 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 20:35:00 ID:aZElaYcJ0
私は一人で帰路についた。

『あれ』の事を重いとは既に思わなくなっていた。
雛見沢に居る間に慣れてしまったのかもしれない。
悲しいような気もするが、嬉しくもある。

私は歩いていく。

ひたすら歩いていく。

喫茶店を超え、野球場を超え

どんどん私が慣れ親しんでいる風景へと変わっていく。

そろそろセブンスマート辺りにつく頃だ。

17 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 20:46:44 ID:Yv/GdsAW0
あれ……
そういえば私…碧砂とあそこで既に会ってたんだ………
変人のせいですっかり忘れてたけど……

そうだそうだ
あの時点では碧砂とあいつは一緒に居たんだ
多分食料や生活必需品を買い貯めしていたのだろう

あの時の碧砂の幸せそうな表情って言ったらなかった
そしてそんな幸せそうな表情を見て一瞬でも私は羨ましいと思ってしまった

やっぱり碧砂のことも殺そう
あいつに関わる人や物を皆壊してしまおう
それくらいしないとおかぁさんが可哀想だ

あいつらだけが幸せであってたまるか

きめたきめた
私には『あれ』があるじゃないか
『あれ』さえあれば私は何でも壊せる

わたしがあいつらのしあわせをうばってやる

まっててねおかぁさん もうすこしのしんぼうだから

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 20:54:01 ID:JpsWTO630
ラーメンタソ乙

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 20:54:39 ID:a78jEnfp0
着々とKOOL化しているなwwww

20 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 20:56:38 ID:Yv/GdsAW0
辺りがすっかり暗くなった頃に私は家に着いた。

でも………どうせ……家におかぁさんは居ない。

お爺ちゃんが死んでからは私はいつも一人ぼっちだった。

それもこれもおかぁさんが働かなければならないからだ

汚らわしくて醜い仕事

でも、おかぁさんは私を養うためにその仕事に長い間耐えてきた。

何でそんな汚らわしい仕事をしなければならないかって?

あいつがずっと居なかったから

でもこれからは違う

おかぁさんをあいつの呪縛から私が解き放つのだ

私はおかぁさんの英雄になる

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:04:26 ID:JZl/Odl30
水売りが悪いかよ!


22 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 21:05:25 ID:g50T3V2Q0
そしたら……そしたら…私達は素晴らしい毎日を送れるようになるんだ

きっときっと今までとは全然違う夢のような毎日

楽しみだなぁ……

私は魃が昨夜言ったようにきっと『変われるだろう』

自分自身で運命を掴み取るのだ

それを成し遂げてこそ私は
今までの私というちっぽけな存在を捨てて
空高く羽ばたく事ができるようになるだろう

雛見沢に居る『だけ』で変われるわけなんかない
そこの所を魃は大きく勘違いしている
仮初めの変身なんて意味が無いんだ

そう私には運命を断ち切る力がある
私こそ選ばれた者なんだ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:08:02 ID:JZl/Odl30
その時世界が暗転する。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:08:32 ID:yhBavDM50

売るたびにKOOL化するおかぁさんを思い浮かべてしまいました。
どうしてくれんだよぉぉぉぉぉぉ

そして英雄ときくとやっぱりFateのあの場面しかおもいうかばねぇっぇ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:08:54 ID:xWxAApTa0
根本的に違うよな

26 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 21:17:45 ID:g50T3V2Q0
ゴルディオンの結び目

愚かな連中は結び目を解く事しか考えなかった
そしてそいつらの誰もが結び目を解くことができなかった

私は違う
そんな下らない結び目なんか『あれ』で断ち切ってやる

それは私にしか考え付かない事だし私にしか出来ない事

うわぁ………
私の周りが凄い万能感で包みこまれてきているのが分かるよ!

ほらほら……凄い……
何だか足音も多く聞こえてきたよ…

選ばれるってこんなに素晴らしいものだったんだ……

凄い凄い!!!!凄いよ!!!!
私を神様が祝福してくれているんだ!!!!



でも……神様って可愛い足音なんだね…
ぺたぺた…だって………☆

はぅぅ………かわいいよぉ……☆

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:18:44 ID:oZrtdGuK0
変身…

斬殺魔法少女・ブラッディナオ!みたいな

28 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 21:18:46 ID:g50T3V2Q0
何だか書いている内に
>>25の言うとおり根本的に違うような気がしてきた。
でも俺はキニシナイ。

29 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 21:23:25 ID:g50T3V2Q0
という訳で今日はもうキリも良いしここで終了しときます。
お疲れ様でした。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:29:17 ID:oZrtdGuK0
>>29
乙!
マジカル鉈で、あなたのハートもズタズタよ!

31 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/20(木) 21:30:28 ID:g50T3V2Q0
んでまぁ、ゴルディオン云々はカットしときます。
そんな知識が12才で咄嗟に出てくるわけ無いし。。。

大分誤字脱字やら出ちゃったなぁ…
申し訳ない。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:32:47 ID:xWxAApTa0
12歳だからって知ってちゃいけないなんてこたないので
カットしなくてもいいと思うけどね

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 21:38:25 ID:yhBavDM50
知恵の輪を解こうとするだけ無駄なのだ。
 あんなものは考えるだけ時間の浪費、考えるよりさきに「あれ」でぶち壊してやる。

知恵の輪じゃなくて、家族の輪かな
あはははははははははははははははは





ゴルディオンの結び目ってワカンネ……
そうそう、祟殺し編で話にでてきた
結婚していないと引き取ることができない云々の話。
あれって赤坂とかだとどうなるんだろう
結婚してるけどあれだしさ……? 調べたけどよくわからなかったんだよねぇ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 22:10:51 ID:6tBf7wiH0
今スクリプト担当の人達の状況はどうなんだろ?

35 :時報の人:2005/10/20(木) 23:17:21 ID:CT/esEG+0
>>34
結局俺はスクリプトに混ぜてもらっていいものかわからんが返事だけしておく。
先人達のレス待ち。

36 :暇人:2005/10/20(木) 23:17:54 ID:XGXNGnIxO
遅くなったが更新だお。
http://054.info/file/054 19832.zip.html

傑作集から3編追加。
あと、死返し編でフリーの曲を一曲使ってみた。

この前の移転以降、板更新しても何故かVIPだけ繋がらない…orz

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 23:23:15 ID:yhBavDM50
>>36
お疲れ様です。
URLが微妙に離れてるのは……思惑?

探せばすぐ見つかったんで問題はなかったですが

38 :暇人:2005/10/20(木) 23:28:31 ID:XGXNGnIxO
多分アドレス間違えた…
とりあえず上のアップローダの19832にあるお

>>35
ヴェノアたんがどうなっているかわからないから、
もう少し待ったほうがいいかも。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 23:33:10 ID:yhBavDM50
>>暇人氏

以下のいずれかの方法で、板更新用URLの設定を変更してください。
 (既に新URLへの設定変更を行ってある場合は、必要ありません)
  ・「ツール」→「オプション」→「接続」タブで、「2ちゃんねるボード一覧URL」の欄に
http://menu.2ch.net/bbsmenu.html をコピー&ペーストしてから追加ボタンをクリックする
  または
  ・ギコナビを終了した状態で、ギコナビのインストールフォルダにある url.ini を削除する

これでもダメだったのかね?
儂はこれで直りましたが

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 23:37:37 ID:6tBf7wiH0
まぁ俺は('A`)ヴェノアなんすけどね。一応復活です。
シスアド終わり、溜まってた疲労が今抜けてきたかんじ。

一応3人なのかな?スクリプトできる人。

どうやっていきましょうか。
ラーメンタソの避難所とかで話あったほうがいいかなぁ?

>>35
み ん な で つ く ろ う ぜ

>>36
乙です。おとさせていただくお( ^ω^)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 23:46:52 ID:XGXNGnIxO
>>39
うん。それやったんだが、何故かex10にだけ繋がらん…。

アク禁ではなさそうし、わけわからん…orz

>>40
ども。
確かに避難所かチャットとかで決めたほうがいいと思う。

とりあえず今日のところは眠いのでもう落ちます。

ノシ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/20(木) 23:50:15 ID:AA8Gslth0
ギコナビの入ってるとこのconfigの中のboard2chのニュー速VIPのurl書き換えをやってみるといいかもです。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 01:02:56 ID:qMtInkev0
奈緒KOOOOLwwww

祟殺し圭一、目明し詩音、目明し悟史に
ついてくる足音、脳天に突き抜けるような高揚感は共通してるよな...

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 02:11:58 ID:7YXDF7hs0
ナイタイのレジャー面

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 02:36:20 ID:tKCyy/yI0
うし

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 02:49:06 ID:qMtInkev0
保守がてら
前スレ 570までログうp⊂ニニ( ^ω^)ニ⊃ブーン 
ttp://www.vipper.org/vip130160.lzh.html

板蛾物故割れた影響でdat変換うまくいかずリンク周りが
モ(狼)板のそれになっちまったがw

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 04:34:37 ID:v5lcN37/0


48 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/21(金) 06:52:46 ID:Pr0Zv3480


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 08:37:21 ID:7BG29JFA0


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 11:52:26 ID:ZsKTOe4/0


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 11:52:26 ID:Ty5CFVUgO


52 :VIP本スレまとめの中のヤツ:2005/10/21(金) 12:35:55 ID:BGTMPqzX0
前スレ635までまとめに入れておきました。
もしこの後がある、と言う場合は情報いただけましたら幸いです。

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 14:14:47 ID:BGTMPqzX0
そしてほしゅ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 14:58:41 ID:7GlimJYIO
やぁ(*´・ω・`)
…一つ聞きたいんだがね
≪選択肢まで進む≫
ってもしかして無意味なのかね?

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 15:09:16 ID:qGKSS3R30
一応1日の終わりのセーブポイントで止まるよ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 15:09:45 ID:RP/bJodv0
一度見てて飛ばしたい時は使う

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 15:11:12 ID:1/8tR9H50
オリスク作るのうまいなぁ。
笑ってしまうよ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 16:50:33 ID:tKCyy/yI0
保守てっぺい☆

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 17:04:53 ID:QBy9PbTc0
保守KOOL

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 18:50:22 ID:tKCyy/yI0
天丼

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 18:59:03 ID:QBy9PbTc0
我が百万の鉄平軍を率いて、琵琶湖ワンワン王国に攻め入るぞ

62 :時報の人:2005/10/21(金) 19:52:01 ID:e/S7/6Uj0
>>36
乙です
死返し編イイなぁ…

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 20:57:06 ID:fYQS0GxF0
738 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/10/21(金) 20:51:31 ID:uaWNdjTs
××県で、軒下のスズメバチの巣を駆除するための花火が、かやぶき屋根に燃え移り、
家全体が燃えてしまいました。

火事があったのは、××県鹿骨市雛見沢の園崎お魎さんの住宅で、
18日午後6時過ぎに出火、木造一部2階建ての住宅310平方メートルを全焼し、3時間後に
ようやく鎮火しました。当時、家には家族ら9人がいましたが、全員、避難して無事でした。

警察の調べによると、園崎さんの家の軒下に直径90センチほどのスズメバチの巣が
あり、夕方から園崎さんの孫が花火の煙でハチを駆除していたところ、かやぶき屋根に
飛び火したということです。

ttp://zonata.hp.infoseek.co.jp/cora/sonozaki1.jpg

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 21:03:06 ID:9p8Z5MiS0
KOOLに中略☆
レナ達と別れて家に入る。両親は東京へ行っているみたいだ
「いや〜、今日の部活も楽しかったな!」
こうして俺はきょうのことを振り返……ア レ ? ア レ ?
「キョウノブカツモタノシカッタナ……」
「も」って何だよ……俺…
ワカッテイルンダロ?
…俺の本心が語りかけてくる。
「何のことだよ…」
なんでお前は魅音の行動パターンを知っている?
「黙れ…黙れぇ!」
思い出してみろ
      コンドハオレノカチ…
               
                         ニドオナジマケカタハシナイサ…
              
              ウワァ…カントクノナカ…スゴクアッタカイナリ…     
「あ…あ あ あ あ あ あ ア ア ア ア ア ァ ァ ァ ァ ァ 」
オレハコノコウケイヲ…シッテイル……
「ァ…うわぁぁあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁあ!!」
サヨナラナノデス…ケイイチ…



ひぐらしのなく頃に…全ては終わる。
                     思返し編 完                   

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 21:03:49 ID:9p8Z5MiS0
KOOLに中略

「本日より!前原圭一を我が部活メンバーの一員とする!」
魅音の声が終わると同時に拍手が起こる。
そしておれは当たり前の質問をぶつける。
「なんだよ部活って…」
「………つまり現代に適応する力を身につけ…」
もう説明していたらしい。
ほとんど聞いていなかった。
こんな何でもアリの部活が現代に適応する力を本当に身につけさせてくれるのかよ?
「はぅ〜お手柔らかに頼むよ〜」
「圭一さんに負けはしませんわ〜!」
「つまり遊びをして楽しむ部活なのです」
またもやKOOLに中略


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 21:04:35 ID:9p8Z5MiS0
「さあ、圭ちゃん?どっちがババかな〜?くっくっく」
考えろ…前原圭一…俺が魅音ならどうする?
俺が裏を読むことを考えて……
そうだ、確かこういう状況の時、魅音は裏の裏、つまり表で来た。
ということは…
「これだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
俺が魅音の手からカードを引く。
……2度も同じ負け方はしないさ
「う、嘘おおおおおぉぉぉぉぉぉぉ…」
「す、凄いですわ…圭一さん…」
「レ、レナも初めての部活で勝つとは思わなかった………」
「ま、まさか…あり得ないはずよ…こんな世界」
梨花ちゃんはよくわからないことを言っているが、今度は…
「俺の勝ちだな!魅音」
「いや〜圭ちゃんがここまでやるとは思わなかったよ。いや〜完敗、完敗!」
「まあ初めてにしては上出来じゃあありませんの?でも次はありませんわ〜!」
「よくやったのです、圭一」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 21:05:46 ID:9p8Z5MiS0
順番間違えた…
>>64 >>65 >>63
の順に読んでくれ…

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/21(金) 22:50:47 ID:b7LPvmf7O


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 00:18:31 ID:1Xp5x3cn0
サートーコゥーなぜ泣くのー

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 00:19:27 ID:IfL1U97K0
サトコゥーの勝手でしょー

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 00:49:43 ID:sug5VmMS0
スジが夜泣きを…

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 01:22:33 ID:2pOayHH50
夜泣き、疳の虫に。

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 05:00:25 ID:2pOayHH50
あぶなっかしい。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 06:59:27 ID:Mq4KJf9+0
ほしゅ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 09:15:10 ID:FzYeP4z90
夜泣き、うじ虫に。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 12:11:23 ID:sug5VmMS0
ほと

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 13:56:29 ID:BOdOgFD10
保守

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 15:58:23 ID:kuhp0eF10
ボケ殺し編

79 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/22(土) 17:02:04 ID:1oSTzWJS0
すじ

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 17:37:51 ID:1WRO/iHp0
作品を投下すれば保守しn(ry

81 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/22(土) 19:27:46 ID:1oSTzWJS0
とりあえずまとめだけ更新⊂ニニ( ^ω^)ニ⊃ブーン 

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 20:47:04 ID:ngjFMrnK0
すーじー

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 20:50:17 ID:mQu4WsfzO
Q

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 21:30:13 ID:Gfe5H25w0
ふはははは〜〜〜〜!!!!
園崎家のブラフは世界一ィィィィィィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 21:44:04 ID:xY7DWJfq0
KOOL奈緒描いてみた。迫力のある表情描くのって難しいな
http://www.vipper.org/vip131129.jpg

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 21:56:44 ID:NnsnqeF+0
KOOL顔コワス

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 22:01:20 ID:NnsnqeF+0
まとめ行ったらカウンターが7070

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 奈緒!奈緒!
 ⊂彡

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 22:28:45 ID:Gfe5H25w0
>>85
おお!なかなかコワス
あと、漫画版の鬼隠し編はもう妖怪だな。

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/22(土) 23:30:55 ID:IfL1U97K0
hosyu

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 00:01:41 ID:YxZwpfdW0
ttp://uppp.dip.jp/src/uppp17003.swf
↑レッサーパンダ男の顔に浮かぶ麻原尊師の顔をクリックwwwwww

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 00:28:32 ID:Lrz+S8eo0
k

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 00:50:51 ID:BOgEBXqq0
85に便乗。つかパクリ
かわいくなんて書けないわけで、もう歪みまくり
ttp://www.vipper.org/vip131247.jpg

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 00:56:45 ID:k+IEgng70
あいつを思い出した
ホラあのなんだっけ「〜じゃよ」とかいうやつ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 01:47:21 ID:Cvrn/FKB0
>>92
からくりサーカスのナルミを思い出す絵だなwww
俺は、嫌いじゃねえwww

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 03:18:53 ID:2CAkiZh90
うっひょぅ!!!

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 05:20:38 ID:2CAkiZh90
うひょーいっ!!!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 07:15:59 ID:2CAkiZh90
丸出し編

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 08:24:57 ID:Woy5E7J70
朝眠し編

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 09:02:31 ID:c8BW5VOD0
「ふぁああ。眠いなぁ。・・・・寝よ」
体育の次の授業というのは、いつまでたっても眠くなるもの。多分これは高校へいったとしても変わらないだろう。
いつもなら頬杖をついて我慢するのだが、なんだか今日は寝てしまえという自分の命令に忠実に従うことにした。

「前原くん!起きなさい。前原くん!」
俺が机に突伏すのを見て知恵先生が起こしにくる。
ちっ、面倒くさいな・・・・。

「前原くん?気分がわるいのですか?」
といって俺のおでこに自分のおでこをくっつけてくる。
・・・・セクハラ反対
「う〜ん、顔色も悪くないですし、熱もないようなので、ちゃんと授業を聞いてくださいね」
ろくな授業をしたことないくせによく言うぜ。俺のほうがよっぽどうまく教えられるってんだ。
いつもなら素直に先生の言うことに従う俺だが、なぜか今日は態度がでかい。
なんだか自分の言うことのほうが正しいように思える・・・。

そう・・・・・。俺は寝ても・・・・いいんじゃないか?
先生に俺を起こす権利なんて・・・・・ないんじゃないか?

その思考が俺の頭に駆け巡ったとき、俺の口から言葉が発せられる。

「知恵先生。授業中に寝るのがそんなにいけないことか?いや、わかってる。寝ると言う行為に問題があるのではなく、
授業中であるということに問題がある。そういうことだろ?それくらいは俺も理解している。
しかし!授業中であれなんであれ、俺が人間である以上、寝る権利はあるはずだ!!!」
自分が寝たいがための支離滅裂な発言。
先生を含め教室内のほぼ全員のやつがポカーンとしてる。

「で、でもやはり授業中に寝るのはいけないんですよ前原くん」
知恵先生がまた説得にかかる。
・・・・・ふっ、口先で俺に勝てると・・・・思うなよ!!!

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 09:36:26 ID:k+IEgng70
つづきある?

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 09:57:12 ID:oxGzbPJg0
こりゃwktk

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 10:18:18 ID:+OFhDflh0
保守ダラズ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 10:35:24 ID:c8BW5VOD0
>>100
よろしく頼む

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 10:45:41 ID:k+IEgng70
>>103
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwww

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 11:31:39 ID:kOr9vowQ0
>>103
おまwwwwwwwwww

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 11:58:52 ID:k+IEgng70
「・・・先生、『眠り』とはなんのためにあると思う?」
「え?」

俺から放たれるドス黒いオーラに、先生が怯む。
空気が一瞬にして緊張し、世界が反転する!
そう、それはまさに、世界を支配する能力ッ!

「『眠り』というのは結局、頭と体を休ませるためにある。これは当たり前だよな。
つまり『眠い』って状態は、頭と体が疲れてる、休みを欲しがってるってことだ。
さっき体育だったよな? 当然俺は著しく体力を消耗している!
こんな状態で果たして俺は授業の内容を100%吸収しきることができるだろうか!? 否!!
睡魔が人の体に送るシグナルとは何か!? それは疲労及びその蓄積!!
ひいてはたった一つのシンプルな答え・・・『作業効率の低下』だッ!!!
例えば! 今の俺が疲労によって通常時より3割作業効率が低下しているとしよう!!
ならばこのまま授業を受ければ7割×50分=350という数字になるな!
ではここで俺が10分の仮眠を取って100%の状態まで回復したとすればどうか!
10割×(50−10)分=400! わかるか!? 実に50もの差が出るんだ!!
さらに恐ろしいのはそれだけじゃない! それは・・・この後の授業だ!!
仮眠を取る取らないで3割の差が出るとすれば・・・この後の授業一時間につきッ!
50分×3割=150! 150の差が出るんだ! 一時間につき150だぞ!?
もし3時間あれば授業一本分にも迫る効率低下だぞ!?
言い換えればそう! たった10分! たった10分の睡眠で、それは授業一本分にも相当する効果を持つんだ!!
でも授業中に寝るのはよくない? その指摘は当然! それが教師としてのモラルというものッ!!
だが少し、ほんの少しでいい! 考え方を変えてみろ!!
知っているか? ある学校ではカリキュラムの中に『昼寝』という項目を組み込んでいるという!!
すると・・・もうわかるだろう! それによって生徒の成績や作業効率が上がったんだ!! こんな単純なことでッ!!
睡眠は偉大だ! 眠っているということは何もしていないということではない!
一見見落としがちかもしれない! でもそれはライフサイクルの最も、最も重要な歯車だ!!
だから俺は今ここに! 当校のカリキュラムにおける! 『昼寝』という項目の追加を申請するッッ!!!」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 11:59:51 ID:k+IEgng70
これが俺の限界だ・・・つづき だれか たのむ

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 13:00:13 ID:pu08EXtc0
すじ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 14:10:11 ID:+OFhDflh0
「そうだそうだ!『昼寝』を追加しろ〜!!」
一部の悪ノリした男子生徒達が、わいわいと騒ぎ立てる。
知恵先生は返答に困っている。
言い返せないというよりも、話の展開があまりにも唐突過ぎて、ついて来れていないのだろう。
俺の言葉のせいで混乱に包まれた教室の中で、途方に暮れて立ち尽くしていた。
ちょっと・・・・やり過ぎたかな・・・・。
「圭一くん。あんまり無理なこと言って先生を困らせちゃダメなんだよ。・・・・・だよ?」
隣のレナが怖い。
しまった。レナはこういう不真面目なのを許せない性格なんだ・・・!!
「ああ、うー・・・・・・・」
今さら引っ込みもつかなくて、俺はどうすればいいのか悩んだ。
額を脂汗がだらだらと流れる。

「聞きましたぞ」
さらに、教室の戸を開けて、校長までもが入ってきた。
さすがに騒いでいた生徒達も、校長の登場に静まり返る。
当たり前だ。なにしろ校長は、格闘技の達人だ。
下手に逆らうと、命に関わる。

「さっきの演説をしていたのは前原君、ですね・・・?」
ああ、もう駄目だ。孤立無援だ。俺は今、ここで死ぬんだ・・・・。
「いつも通り引き戸の影から授業の様子を見守っていたところ、とても熱い演説が聞こえてきましてね・・・」
校長、毎日俺たちの授業を立ち聞きしてたのか・・・?なんかとても不気味だ・・・。
じゃあ俺がいつも昼寝をしてるのもお見通しってわけか・・・?
俺の演説が単なる言い訳に過ぎない事もバレバレか・・・・!ああ、もう終わりだ・・・。
「先ほどの演説、とても心を揺さぶられましたぞ」
・・・・・・・・・・・へ?

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 14:15:32 ID:+OFhDflh0
「ただ、ここは興宮の分校ですから、『昼寝』の追加は私の一存では決められません。
早速これから興宮へ行って、責任者に掛け合ってみようと思います」
「はあ、そ、そうですか・・・・・・」
「つきましては、発案者である前原君にもご同行いただいて、直接責任者に話をしていただければと。
授業は、特別に免除します」
「ええ?ちょ、ちょっと・・・・・!」
「さぁ、行きましょう」

今すぐ興宮へ行けだって?それじゃ、ますます眠れないじゃないか!
俺はただ、今この時を安らかに眠って過ごしたいだけなんだ!!
俺を解放してくれぇえええ・・・・・!!

心の中の叫びが校長に届くはずもなく、俺は校長の車の方へと引きずられていったのだった。

111 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/23(日) 17:00:53 ID:e+5nMceP0
すじ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 17:01:28 ID:CJWzSy/l0
ひぐらしバカにすると刺されちゃう

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 17:07:54 ID:R6xp0nj20
刺さないからちょっとおいで

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 17:35:36 ID:oxGzbPJg0
>>109
校長ワロスwww

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 17:37:01 ID:FP3zMKbv0
真性発見www自称センター試験物理満点なのにバッタが巨大化してもジャンプ出来ると思ってるヒソカwwwww
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1130030411/l50

507 名前: ヒソカ 2005/10/13(日) 03:53:02 ID:4C4Z5OcF
>>501センター試験で2科目満点でしたが?

264 名前: バラ ◆GhaFaIRlws 2005/10/21(木) 21:52:51 ID:jpNt58P4
いいかい諸君
バッタが自分の体調の何倍もジャンプしたり
アリが自分の何倍の大きさの昆虫を運べたりするのは
小さいからなんだよ。
我々と同じ大きさなら重力の影響でそんなことはできない。

270 名前: ヒソカ 2005/10/21(木) 21:54:09 ID:3lAFWfZs
なに寝ぼけたこといってんの?どの生物にも重力は等しいでしょ

272 名前: バラ ◆GhaFaIRlws 2005/10/21(木) 21:54:54 ID:jpNt58P4
>>270
池沼だなあ
君は仮にバっタが我々と同じ大きさなら
何十メートルもジャンプできると思っていたのかい?

273 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい 2005/10/21(木) 21:55:30 ID:r/b9j5gv
巨大化すると負荷が変わる

284 名前: ヒソカ 2005/10/21(木) 21:58:00 ID:3lAFWfZs
>>279なに空気抵抗で飛べなくなると思ってんの?

304 名前: ヒソカ 2005/10/21(木) 22:03:46 ID:3lAFWfZs
>>300だからどうしてとべないのか理由をいってみそ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 19:00:51 ID:rZ865NvLO


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 20:19:06 ID:Q1Av34iC0


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 20:19:49 ID:UX7EHt4V0


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 20:33:19 ID:UX7EHt4V0


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 20:37:40 ID:2rP4zHsJ0


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 20:42:49 ID:UX7EHt4V0


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 20:47:40 ID:Woy5E7J70


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 21:43:18 ID:2rP4zHsJ0


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 22:02:37 ID:W5KHXMJe0


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 22:10:07 ID:W5KHXMJe0
「さあ、つきましたぞ。前原君」
展開の速さに絶句する。
これから説得しろだと?
今の眠い頭じゃムリだ。ちゃんと演説を聴いていたのだろうか?
しかし、よくよく考えれば後の展開がおいしいので、取り敢えず説得してみよう
「わかりました………かけあってみまっ…!」
「どうしたのだ?前原君」
まて…待て…前原圭一…
いくらなんでもこんなおいしい話を学校の責任者、しかも校長が納得するはずがない。
じゃあ目の前にいる…このおっさんは誰なんだよ?!
落ち着け…前原圭一…もっともっとクールに…
…そうだ……こいつが校長じゃないなら…
オ ソ イ カ カ ッ テ ミ レ バ イ イ ジ ャ ナ イ カ 

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 22:13:15 ID:99vY+WdV0
>>116-124
無駄にカコイイな

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/23(日) 23:19:21 ID:YTaLIsDk0
夏純は綿流しまで出ないのかな?かな?

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 00:31:31 ID:D84WLI0D0
ほしをまるめてポイ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 02:36:44 ID:rO9MVm000
なっなにをするきさまら

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 03:39:29 ID:EKFQucj10
保志を丸めてポイ?

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 05:15:07 ID:EKFQucj10
すーじー

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 06:43:53 ID:sXlfNVMn0
Q

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 08:06:42 ID:iDLdBOxV0
>>132
貴様、見ているなっ!?

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 08:10:58 ID:EKFQucj10
山吹色の波紋疾走ッ!!

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 11:12:13 ID:T2eVs3D70
ほしゅ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 12:22:47 ID:iDLdBOxV0
JOJOいスレになってるなあ

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 13:32:48 ID:iDLdBOxV0
ほしぇ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 13:35:13 ID:mQmDI2IZO
ほしりす

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 14:45:11 ID:se8Toy4/0
同人板にひぐらしJOJOスレあるけど過疎ってる

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 16:52:13 ID:Zf4QVg6yO


141 :暇人:2005/10/24(月) 17:53:10 ID:Zf4QVg6yO
保守ついでに話題投下

スクリプトの方どうしますかね?
そろそろ誰が何をやるか決めていったほうが、
いいような気がしますです。

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 17:55:34 ID:3c+a0MIB0
スクリプトの方には関われないからなぁ……
その辺はスクリプトチームで相談するしかないね。
頑張って!!

143 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/24(月) 18:06:48 ID:hV+6Xj7o0
スクリプトはいまいち分からないけれど
時間の都合がつくのであれば
話し合いの場を設けたほうが良いですかね…?


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 18:18:05 ID:Zf4QVg6yO
むー。確かにこのスレだと3人の時間の都合の問題もありますし、
避難所に専用のスレをたてた方がいいかもしれないですね。

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 18:41:36 ID:3c+a0MIB0
まあ、そのほーがいいでしょう。
時間さえあれば3人でどっかのチャット借りるなりメッセ使うなりという手もある。

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 18:56:23 ID:tgGPM3Gf0
>>125の続きは?

147 :時報の人:2005/10/24(月) 19:31:02 ID:fSbyxuG30
どうするのが良いんだろ?
必要ならスレ立てしてきますが

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 19:34:12 ID:Zf4QVg6yO
とりあえず、ラメンタンのサイトのBBSに
スクリプト用のスレをたてておきましたよ

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 20:01:15 ID:fSbyxuG30

とりあえずそっち行きまつ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 20:01:55 ID:uavZ//530
【お暇?】りぉとみんなと雑談とNo12【おいで】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1130073463/

151 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/24(月) 22:01:24 ID:UcNgu78v0
すじ

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/24(月) 22:55:33 ID:6exOdxuuO
すむーじー

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 00:05:20 ID:DJRxNGAO0
おすじとピーコ

154 : ◆Snv0OTU94o :2005/10/25(火) 00:13:24 ID:sfZBfcY70
FO=U

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 02:28:05 ID:s2hfQuXi0
やっぱマウスって絵を書くものじゃないよな

保守

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 03:28:24 ID:blqIs+Hx0
ほしゅ

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 05:15:41 ID:s2hfQuXi0
ところで今思ったけど
「紙新聞紙」っておかしくね?

158 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/25(火) 06:39:16 ID:kElovbqt0
適当につけた。
今は反省している。

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 08:43:06 ID:7+GhFhKO0
すじ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 09:51:34 ID:hrKWTz540
すーじー

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 11:02:50 ID:s2hfQuXi0
昼寝前保守

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 12:21:06 ID:pn9SXB8EO
刀還し編作者です。
メインPC逝きました('A`)
親の処置でHDDは無事だったのですが、満足に活動できる状況じゃなくなりました。
ってことで刀還し編はあれで終わりということで……
余裕できたらTIPSってことで補足したいと思います

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 16:17:28 ID:pa6fc+QY0
期待age

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 17:45:41 ID:MFspOtg90
すじ

165 :347:2005/10/25(火) 18:18:00 ID:bGdgzWr70
「これで今宵はおしまいだぜ!!
俺たちは魚達に打ち勝った!!
もう俺たちは互いを疑わない。だからいつまでも腹が減っている!!
だからどんな魚が訪れようとも、二度と屈すると思うんじゃねぇ!!
マグロなど知るかハマチなど知るか!
悪魔どもが喜ぶ魚介類が、今後どれだけやって来ようとも。
俺たちが全部、食い切ってやるぜえええッ!!!」

すまん。

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 19:53:09 ID:zK/qn7dr0
すじ

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 20:35:11 ID:c8I+wGJU0
>>165
3行目で噴いた

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 21:36:18 ID:7IUvrFhg0
すじこ・F・すじお

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/25(火) 23:06:43 ID:clnkvTc90
>>165
3行目わろす

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 00:12:23 ID:ZvmnXYfU0
ほしゅ

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 02:14:46 ID:GJ24Gag20
h

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 02:15:50 ID:dGbdbutc0
一体魚とナニがあったんだろうか。

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 05:01:13 ID:dGbdbutc0
ほぅ

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 06:44:33 ID:dGbdbutc0
フゥー!

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 07:06:38 ID:FxZhlp2O0
「な……何の用だよッ!!」
 虚勢を隠すために大きな声を張り上げる。
 ……だがレナはそれに臆したりはしなかった。
「…圭一くんと同じ。…帰り道だよ。」
「じゃあその魚は何だよッ?!」
「…じゃあ圭一くんのそのバットは何なのかな?」
「お、俺は素振りで…!!」
「じゃあレナは買い物帰りなの。」
 レナは自らの持つ鯖の正当性をあっさりと説いた。
「か、買い物…?!」
「お魚屋さんでね、とってもかぁいい鯖を見つけたの。だからね、ついつい買っちゃったの。」
「し、……信じるかよそんなのッ!!!」
「信じないよね。あはははははははははははははははは。」
 レナの今日の笑いは明らかにおかしかった。
 …これまでにもレナの豹変は何度か見た。
 ……だが今日のは明らかに違う。
 死んだ魚のような目…。魚の怨念が乗り移ったかのようだった…。
 ………何と言えばいいのか……鯖だ!!
「……待ってよ圭一くん。あはははははははははははははははははははははは…ッうぇっ…ゲホ! ゲホ!。」
 蒸せた?!
 今だッ!!
「うぉおおおおおッッ!!!!」
 俺は金属バットでレナに襲い掛かる!!

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 07:08:50 ID:dGbdbutc0
やべwwwwwwww蒸せたワロスwwwwwwwwwwwww

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 07:10:52 ID:FxZhlp2O0
ふぉん! ガキーンッ!!!!!
 
 レナは蒸せながらも易々とその攻撃を受け止める!
「なッ?!」
 衝撃が思いの他激しく、俺は後ろに仰け反って尻餅をつく。
 …だがそれよりも、俺は金属バットがヒットした瞬間、金属的衝撃があったことに驚いていた。
 レナは丸腰だ、そして右手には鯖。
 どこかに…武器を隠し持っている?!
「ど、どういうことだよッ!? レナ!!」
「わからない……かなぁ?」
「わかんねーよ! 卑怯だぞ! 武器を隠し持つなんて!!」
「武器なんか、どこにも持ってないんだよ、…だよ?」
 そう言って、レナは両手を広げながら俺のほうへと近づく。
「この鯖はね………。」
 レナの顔が、吐息が感じられるほどに俺の顔に近づけられる。
「 冷 凍 なんだよ、…だよ。」

元ネタはどっかのweb漫画

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 07:39:11 ID:FxZhlp2O0
 レナの鯖が、無慈悲に振り上げられて………。@
 ………それは何だかスローモーションのように見え、……そんなレナはまるで千手観音のような神々しさを感じさせた。\
「ま…、待て………レナ……!!」
「あははははははははははは。いきなり金属バットで殴りかかる圭一くんが悪いんだよ? レナの鯖が冷凍だったからよかったものの、生だったら死んでたかもしれないんだよ?」
 …あんなもので頭を叩かれちまったら、痛いどころじゃない…!!
 頭が割れちまう………!!
「…レナ!!!!」
 俺の大声に、レナは少しだけ躊躇したが、すぐにまた冷徹な笑みを浮かべる。
「何かな……? 命乞いなら、聞いてあげないんだよ、…だよ。」
「そんなんじゃねーよ!! レナ、おまえはさっき魚屋でその鯖を買ったって言ってたよな?」
「? ………それがどうかしたの?」
 レナはまるでつまらない物でも見るかのように、俺を見下す。
 だが、そんな視線に臆する俺ではない!!
「…雛見沢に魚屋は無い。だとすると、その鯖は興宮の魚屋で買ってきたことになる。」
 俺の指摘に、レナの顔に僅かに陰りが見えた。
「だがなレナ! 興宮の魚屋はひとつだけ。そしてそこは今日………定休日だッ!!! だからレナ!! おまえが鯖を買えるはずが無いんだッ!!」
 二人の間に、沈黙が流れる。
「………ふぅん。気付いたんだ。すごいよ? 圭一くん…。だからって、ここに冷凍の鯖がある事実は覆らないよ…?」
「そうだな。…ところでレナ、その鯖、実に鮮度が良いな。」
 冷凍だから鮮度もくそも無いのだが、ここは口先で逃れるしかない!!
「……………圭一くんに、お魚の鮮度がわかるとは思えないけどなぁ…。」
「…ふっ、舐めんなよ? 俺は全国津々浦々、あらゆる寿司屋を制覇した男だぜ?」
「嘘だッ!!!」
「嘘なんかじゃねーさ! うちに帰れば、証拠の写真だってある!!」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 08:21:44 ID:oNdmeSpk0
続きが見たい件

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 11:16:36 ID:G40hZAyp0
ほす

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 13:28:27 ID:pvVIli/w0
ほしゅ

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 15:23:07 ID:tvkN6HWC0
ほす

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 16:28:43 ID:TBWvKSVg0


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 17:41:03 ID:7CWpFPIj0
ほしゅ

185 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/26(水) 18:16:25 ID:RlAajs/y0
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーン
         ( ヽノ
         ノ>ノ 
     三  レレ

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 18:23:06 ID:FxZhlp2O0
「……圭一くんがお魚に詳しかろうと詳しくなかろうと、そんなことはどうでもいいんだよ?」
「まぁそう言うなって。俺は魚にはうるさい男だぜ? レナさえ良ければ、味噌煮でもしめ鯖でも、好きな料理を調理してやる!!」
「…野菜炒めも満足に作れない人が、そんな難しい料理ができるとは思えないね……。」
 …くそ! さすがに萌え以外の領域では、口先は通用しないか……!
 なんとかこの場を切り抜けないと……!
「…それにね、圭一くん。」
 レナは鯖に頬擦りしながら嬉しそうに話す。
「この鯖は、確かに魚屋で買ったものじゃないよ。………どうやって手に入れたと思う…?」
「ま、まさか………!」
「そう、…レナが釣ったんだよ。」
「なッ?! ……そんな馬鹿なことがあるかよッ!!」
「あはははははははは。信じないよね、圭一くんは。…でも事実なんだよ、…だよ。」
 馬鹿な………!! 鯖を釣るなんて、そんなことがあってたまるか!!!
「…圭一くんは引っ越してきたばかりだもんね。知らなくても無理は無いよ。」
 レナは俺の顔に、鯖のよく締まった腹を押し付ける。
 それはぬめぬめとしていて、とても生臭かった。
「……雛見沢にはね、オヤシロさまっていう、守り神がいてね、みんなをいつも見張っているの。」
 オヤシロさま……? 確かに聞いたことはある。古手神社に祀られている神様だと聞いた。
「そ、それと鯖と、…一体何の関係があるんだよッ?!」


そろそろよくわからなくなってきた。

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 18:31:55 ID:FJJGOo7m0
まて
それでは凍っている説明がついていない

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 18:34:42 ID:FxZhlp2O0
なんも考えてないからな

辻褄合わせてみよう

189 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/26(水) 18:38:31 ID:RlAajs/y0
プスッ…… プスッ…… プス………?!  ポタッ…

………痛っ

指から少量の血が滴り落ちる。
私とした事がこんな下らない失敗をするなんて……

でも、大丈夫……………これで最後だ

………プスッ………



それは既に写真の形状を成しては居なく
どこからどう見てもただの画鋲の塊へと成り果てていた

毎日毎日、ちゃんと心を込めて刺してあげたよ。
感謝してね?

そうひとりごちながら
私はベッドの上に横たわって笑い転げる

くくくくくくく…………………………
遂に今日はお祭りの日……………………

本当に楽しみだなぁ……
くくくくくくくくくくくく……………………

190 : ◆VC3/0IaBbQ :2005/10/26(水) 18:39:20 ID:RlAajs/y0
む、割り込んでしまった。
続きドゾ

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 18:44:33 ID:GJ24Gag20
ちょっおまっ

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 18:48:41 ID:FxZhlp2O0
「オヤシロさまは雛見沢の守り神、鬼ヶ淵から現れた鬼から人間を守るために舞い降りた仲裁者。」
 まさか、その鯖が………!
 俺がその事実に気付くと同時に、レナの唇がニヤリと弧を描く。
「そう、……鬼ヶ淵では………鯖が釣れるの。」
「……………ッ!!!」
「信じない? 信じられない? 鬼ヶ淵から現れた鬼っていうのは、鯖のことだったんだよ、…だよ。」
「…そんなことがあるかよッ?! 鯖は海で釣れるもんだろ?!?!」
「………そんなに疑うなら、確かめてみればいいんじゃないかな、…かな?」
 レナはさも自信ありげに醜悪な笑みを浮かべる。
 …この甲斐甲斐しい少女に、こんな表情があったのかと驚かされる。
「…この鯖は今朝釣りに行って、うちに帰って冷凍庫に入れておいたの。」
 そうか……、それで凍って………。
 いやいや!! 違うだろ!?
「…なんで、……なんで冷凍した鯖をわざわざ持ち歩くんだよッ! そのまま調理して食えばいいだろ?!」


もっとわけわからなくなってきた

>>190
本編の人どうぞ。
どうせ先の展開考えてないしw

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 19:07:51 ID:oNdmeSpk0
>>192
結構おもしろいwwww
展開なんて考えずにつっぱしればいいんだwww

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 19:33:25 ID:hlPpVfDu0
鯖とかワロスwwww

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 20:44:58 ID:kKIzZAkp0
もはや何でもありになってきてるな、雛見沢

イクラが産卵しに川を遡上してくるぐらい屁でない

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 20:53:20 ID:iD/NNa260
473 :名無しさんと大人の出会い :2005/10/26(水) 06:12:28 ID:C5KG6Wu9O
>>469,>>471
ココゎ嬢の給料のスレ。ァナタが消ぇて下さぃ。時給1000円しか稼げなぃ人に興味ぁりませんから。

474 :名無しさんと大人の出会い :2005/10/26(水) 06:31:02 ID:k8sFnoH/O
禿同
安月給どっか逝け


http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/pub/1091611696/
人に媚売ることしか出来ない売女さんが何か言ってますよ
お前等挨拶に行ってあげてください^^

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 21:19:46 ID:1vMv1LMP0
牛すじ

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 21:49:19 ID:qfk/p+vt0


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 22:19:23 ID:FxZhlp2O0
「…わかってないなぁ、圭一くんは……。凍った鯖をそのまま調理できるわけないんだよ? …レナはね、解凍してただけなんだよ?」
「……解凍って………、電子レンジはどうしたんだよ?!」
「壊れたの。」
 レナは、ただ一言さらっと言った。
「だからって……!!」
「レナの家の電子レンジね、前から調子が悪かったの。それでね、電化製品は叩いて直すって言うじゃない? それでちょっと殴ったら………壊れたの。」
「なッ………。」
 殴ったって……。
 電子レンジにあのれなぱんを食らわせたってのか?!
「ボンッ!ってなって、煙を噴いちゃった。はぅ〜☆ かぁいかったんだよぉ〜☆」
「そうか、そりゃ災難だったな。でも電子レンジが無くちゃ結構困るんじゃないか?」
「大丈夫だよ。またダム工事現場から拾ってくればいいだけだもん。」
 おいおい…。おまえの家の物は全部あそこの拾い物かよ……。
「またゴミ山が増えててね。まだ全部漁ったわけじゃないんだけど、とっても可愛い電子レンジや冷蔵庫があったの!! はぅ〜、お持ち帰りぃ〜☆」
「よし! じゃあ今からちょっと工事現場に行ってみるか!!」
「………話はまだ終わってないんだよ、圭一くん。」
 レナの瞳が、再び死んだ魚のような色に染まる。
 ちくしょう…! このままうまく逃げられると思ったのにな……。


全然鯖とか関係無くなってきた。

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 22:20:48 ID:oNdmeSpk0
どうなるのか・・・・wktk!!

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 22:38:12 ID:FxZhlp2O0
 それから俺は、延々とオヤシロさまと鯖の関係についてレナから説明された。
 オヤシロさまは海から来た鯖の王様だの、鯖は元々神として崇められていただの。
 34号ファイルも真っ青な内容だった。

「………それでね、オヤシロさまは雛見沢から出ようとする人間に鯖を与えるの。」
 もうレナが何を言ってるのかさっぱりわからなかったが、このまま時間を稼いでいれば、冷凍された鯖が溶ける。
 そうなれば、金属バットを持つ俺のほうが強い……!

 レナの持つ鯖からは、ポタポタと水滴が垂れ始めている。
 6月と言えど雛見沢はセミが鳴くほど暑い。
 これならば、鯖が溶けるのも時間の問題だ…!

「聞いてんの前原圭一ッ?!?!」
 上の空だった俺に、ついにレナが気付いたようだった。
 だがもう遅い、鯖は……もはや生だ!!


鯖化

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 22:54:00 ID:slPIj9c90
バス!
バス!
バス!

コゥアァァァァァァァァーーーーーーーン!!!!

他の人どういう風に聞こえてるんだろ

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 22:54:38 ID:7gZQNbJm0
やべぇ
塩焼鯖食いたい

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 23:46:52 ID:FxZhlp2O0
「かかったな!! レナ!!!」
 実際はレナが勝手に延々と喋っているせいで鯖が溶けただけだったが、そんなことは関係無い。
 俺は一気呵成とばかりに金属バットで殴りかかる!!
 狙うは頭! 一撃で叩き割ってやる!!
 その斬撃に、臆すものは一切、無い!!
「ッ?!」
 だがレナもさすがだ、不意の一撃にも関わらず、迎撃の体勢を取る。
 そして…、俺の攻撃が…、レナに………、当たる!!!

 グシャアッ!!

 よし!! 手ごたえあり!!!

 レナは吹っ飛ばされ、2〜3度転がった後、うつ伏せの体勢で倒れる。
「どうだレナ!! 前原圭一様を舐めてんじゃねーぞ!!」
 俺はレナに近づくと、高笑いして言った。
「…ふぅん。ちょっと痛かったんだよ…? ひどいよ…圭一くん……。」
 俺の予想よりも思いの他早く返事が返ってきたため、俺は少し狼狽する。
 そしてレナはゆっくりと立ち上がり、俺の顔を覗き込む。
「…どういうことだッ?! 確かに俺の攻撃はおまえに当たったはず…!」

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 23:54:51 ID:vNZjnXSG0

「鯖を・・・・食ってる!?」


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/26(水) 23:58:19 ID:FxZhlp2O0
「…ふん。」
 レナは左手で服についた埃を払い落としながら、鼻で笑う。
 だが顔は笑ってはいない。嘲笑などではなく、もっと底冷えのする、笑い。
「…圭一くんのせいで、私の大切な鯖が壊れちゃった……。」
 はっとなり、俺は自分のバットを見る。
 レナに当たったと思われる部位には、大量の鯖の身が付着していた。
 レナの右手を見ると、艶の良かった良質の鯖は粉々に砕かれている。
「…そうか。とっさに鯖でガードした、ってわけだな。…さすがだぜ…レナ……。」
「…圭一くんは私の大切な鯖を壊しちゃった。…これで、……これでオヤシロさまの祟りは避けられない……。」
「ハッ! 馬鹿じゃねーのか? 鯖を壊したこととオヤシロさまと何の関係があるんだよ!」
 レナにとって、その言葉は禁句だったらしい。
 今まで以上に魚化した目で俺を睨み付ける。
 さすがの俺も、少し萎縮してしまう。
「……圭一くんはなんにもわかってない…。これがどれほど重大な。どれほどオヤシロさまを冒涜する行為かを……。」


寝ます

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/10/27(木) 00:49:02 ID:8VVK+IFp0
なぜ鯖?
なにがお前をそうさせた・・・?

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★