5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

VIPPERのショートショートかいてみた

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:49:07 ID:6LJ3tlyk0
 ブーン氏は最近問題になっているニートというタイプの人間である。
 しかし、そんな彼も少し気変わりして、彼の家から電車で数十分のところにある、とあるパソコンのサポート会社に面接にいってみることにした。パソコンは彼の得意分野である。
 彼が家を出るのは、数日ぶりのことである。数日前に家を出たとはいえ、電車に乗るのは、さらに数週間前より以来のことだ。家から数十メートル歩いたところにコンビニエンスストアがあり、
三食ともピザの生活に少し飽きてきたときに食料を買い込むことはあるが、電車に乗る時といえば、人気の美少女ゲームが出たときにアキバに買いに行く程度である。
したがって、アキバに向かう電車ではない電車に乗るのは、数ヶ月ぶり、いや、大学を中退してから数年ぶりではないだろうか。
 彼が電車に乗り込むと、その電車は超満員だった。面接の時間は九時から、つまりサラリーマンの通勤ラッシュと被るのだ。人の集まるところを激しく嫌う彼は、できるだけ人のいないところへと歩いていった。
 「ちょっと、そこの貴方」
 ブーン氏に声をかけたのは、彼がやっと空いている車両を見つけてゆっくりと立っていた場所の、前の席に座っていた女性である。
 「なんでしょう」
 ブーン氏は、何年かぶりに店の店員以外の女性が自分に話しかけてきたことに驚きながら、ゆっくりと答えた。
 「ここが何の車両か分かって?」
 「いや、どういう車両かという質問の意図がよく分かりませんが」
 「ここは貴方のいるべき場所ではないの。女性専用車両よ?とっとと出て行きなさい」
 ブーン氏は、そこから有無を言わせず立ち去らざるを得なかった。彼は、隣の車両に行く。
 隣の車両に入るためのドアに、男がもたれかかっていた。ブーン氏がドアを少し動かしてみても、その男は動こうとしない。ブーン氏は少し躊躇した後、女性専用車両を出ることが先決と、思い切ってドアを開けた。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:49:11 ID:319GE/qR0
把握した

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:49:30 ID:ym0eSDzm0
長くて長くて

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:49:45 ID:6LJ3tlyk0
 「なにすんだよ低脳」
 もたれかかっていた男が、ドアの開放と同時によろけ、そして体制を立て直してこの一言。
 「低脳?お前がもたれかかってるから悪いんだよ」
 そこで喧嘩が始まった。彼がドアにもたれかかりながら優先座席の近くで携帯を触っていたこともあり、ブーン氏のわずかな正義心がくすぶられた。対する男も、一歩も引こうとしない。
携帯のことをブーン氏に注意されながらも、低脳、DQNといった言葉を言いながら、こりずに携帯を弄っている。
 電車はブーン氏が降りなければならない駅についた。
 ブーン氏は、この男をほうっておくわけにはいかなかったが、せっかく外に出てきて目的を達成しなくてどうする、という気持ちが先行し、男の逃げるのかという言葉を無視して下車した。

 面接は、自分で感じるには上々の出来だった。引きこもりではあるが対人恐怖症ではないことも幸いだった。結果は数日後に書類で、という言葉を受け取って、ブーン氏は家路についた。

 ブーン氏が家について、2ちゃんねるのニュー速(VIP)という掲示板につくころ、その掲示板では祭りが起こっていた。ラウンコの連中がまた何かをやらかしたらしい。
 そこで、ブーン氏も突撃すべく、ラウンジに行ってみた。一番上のスレは、「今電車で低脳デブをいじめてる」というスレだった。
 先ほど会った男は、ラウンコの住民だったのだ。携帯を弄って、こんなスレを立てていた。
 「低脳デブうざ」
 「相手悔しそう」
 「デブが逃げやがった」
 だいたい、こんなことを>>1、もとい男は書いていた。ブーン氏は、これを見て激しく怒り、VIPの祭りを加速させた。このスレの低脳デブってかかれてるの俺、という言葉付きで。
オフでVIPPERとラウンコ住民が喧嘩した、という噂とともに祭りは更に加速した。そして、住民の数で圧倒するVIPがラウンジを完全に圧倒、祭りはVIPPERの勝利に終わった。

 数日後、ブーン氏に面接の結果に関する書類が送られてきた。合格だった。また、書類には、面接官の言葉という欄があった。そこに書いてあったこと。
 「実は君を電車で見かけていた。あれを見て、君は素晴らしい人間だと思った。おまけに、俺たちがラウンコを圧倒することもできた。」

 「俺たちが」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:49:57 ID:ym0eSDzm0
>>2
4秒かよw

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:50:11 ID:C882OZ0H0
>ブーン氏は
まで読んだ

星新一?

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:50:53 ID:OR6elhsE0
どこがショートだ
なげーよ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:52:25 ID:16Zbw/PlO
たしかに最近て裏が白いチラシってなくなってきたよな
だからな、ノートの表紙の裏に書いてろ
今すぐピザ食うのやめろデブ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:53:31 ID:6Aiuv1tT0
最後の 「俺たちが」 っていらね

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/04/23(土) 18:56:31 ID:aPMzGms90
>扉の向こうには晴天の空が広がっていた。僕たちの旅立ちを祝福するかのように

ここまで読んだ

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)