5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阪神タイガースバトルロワイアル第4章

1 :代打名無し@実況は実況板で:05/02/20 21:33:58 ID:MKhzBAxK0
前スレ  http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1102341356/

第一章http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1094306095/
第二章http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1099708704/



264 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/06(水) 06:07:49 ID:ti9Q6GEb0
>低い桜井の沸点
がツボにはまった。

乙です。

265 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/06(水) 23:50:17 ID:ti9Q6GEb0
捕手

266 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/07(木) 02:58:40 ID:0QAu4xg/0
元阪神のキーオが飲酒事故!!

・・・何やっとんねん

267 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/08(金) 03:23:51 ID:2k+XzJtU0
ほしゅ

268 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/08(金) 05:56:13 ID:ivqZc1wA0
あぁいたね、キーオタン

269 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/09(土) 22:12:32 ID:1OdeSrr90
ドラバトと見守るスレ、立たないな・・・。
立てられないのかな?

270 :代打名無し@実況は実況板で :2005/04/09(土) 23:20:32 ID:1zIhDDwU0
>>269
見守るスレ立てようと思ったけど駄目でした…

271 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/09(土) 23:34:10 ID:JY8cpp+b0
49 ◆NRuBx8130A

クオリティタカスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwスゴスwwwwwwwwwwwwwww

272 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/10(日) 10:21:39 ID:z5upPHT80
原作も呼んだがプロ野球板のバトロワはレベル高いよな
中高生が描いたようなオリバトは吐き気がするし変な恋愛感情が入ってる
勿論ここもおもしろい

273 :代打名無し@実況は実況板で :2005/04/10(日) 11:17:34 ID:CFZfeEQZ0
>>269
今スレ立てできるヤシって限られてるからな…。
見守るスレだけでもと思って、代行依頼出してきた。
dat落ちしてしまった後の相談とか、他スレではやりにくいし。
こういう雑談なんかも本来なら見守るスレの領分だったしな。

274 :(1/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/10(日) 14:15:19 ID:5jgCdmiI0
>263より

26.遅すぎた男

盛大に崩れたコンクリート建造物を横目に、赤星は地面を蹴った。
小柄な体がふわりと舞うように落下した石材のひとつを飛び越え、さらに加速する。
順調に快足を飛ばしているように見えるが、実のところ彼の心中は焦燥に支配されていた。

ごく短い映像が、彼の脳裏で連続再生されている。
やりあっている二人の男。叫ぶでもなく、ただ黙々と武器を振るうチームメイト。
見かけたときにはさほどの距離ではないと感じたのだが、居住区の屈折した階段を駆け下
りるのに時間を喰ってしまった。さっきまで何か長いもの――遠目にもバットに見えた―
―を振り回していた二人は、あの後どこへ移動したのだろう。

桜井と立川の交戦を目撃した赤星は、まだ説明書を読んでもいない支給品の銃を手に、彼
らの後を追いかけていた。地図もろくに確認していない。島の鉱場区の中央に列をなす鳥
居のような形の石柱群は、一体何の為のものだったのか。走りながら、素朴な疑問がふい
と頭を横切る。




275 :(2/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/10(日) 14:17:28 ID:5jgCdmiI0

その石柱の陰に人影を見、赤星は急ブレーキをかけた。スパイクが乾いた土を薄く削る。
スチールを狙うその姿勢そのままに、彼は腰を低くして身構えた。
気配を察したのか、角の削れたコンクリート材の陰から、慌てたような動きで人影が飛び
出してくる。ぎょろりとこちらを見る目にも驚愕の色があからさまだ。
その男、桜井広大は赤星の顔を見るとすぐに真顔になり、無言のまま手にしたバットを振
り上げた。その動きに硬さも無駄もない。むしろ手にした鈍器を振りかぶるにつれ、彼の
面には驚きをかき消して、凶暴な笑みさえ浮かんだのだ。躊躇なる言葉が彼の辞書から抜
け落ちているのを、赤星は悟る。
そして何の疑問も無く、桜井の凶器は振り抜かれた。
批難されれば受けるだろう、しかしそこまでは赤星の予想の範疇であった。ほぼ水平の軌
道を転がるようにして避け、赤星は手にした小型拳銃を構える。
桜井が舌打ちするのが聞こえた。遠くからではその存在を主張させることはできないであ
ろう、レミントン・ダブル・デリンジャーの小さな銃身は彼の目に留まったようだった。

第二撃は、来ない。桜井はバットを構え直し、赤星の手の中の二連銃身を凝視する。
一方、赤星の目は、肩口から胸の辺りまで真っ赤に染まった桜井のユニホームに引き付け
られていた。予想も覚悟もしていたつもりだったが、実際にやりあった、いや殺り合った
証拠を前に、赤星は頭を殴られたような衝撃を覚えずにはいられなかった。
だが、今そればかりに気を取られていれば、殺られる。
「やめろ、桜井。動くな」
僅か地面を擦るように桜井が足を動かしたのに気付いて、赤星は勤めて冷静な口調で言う。
桜井は赤星の言葉には従わず、二歩、三歩と後ずさる。
逃げる気か。赤星は僅かに重心を前に移動させ、ロケットスタートに備えた。



276 :(3/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/10(日) 14:19:45 ID:5jgCdmiI0

動いた、と思うなり、何かが赤星の肩を掠めた。大型カッターだ。次いでバットが宙を薙
ぐ。桜井は後退するように見せかけて前に飛び出し、赤星の頭を狙った。前傾姿勢が仇と
なるところだったが、赤星は咄嗟に身を伏せ、それを辛うじて凌いだ。つばがバットに当
たり、帽子が派手に飛んでゆく。バランスを崩し、赤星は地面に倒れこんだ。
「くそっ!」
必殺の一撃をかわされたことに桜井は歯噛みしたが、続いて攻撃はしなかった。せめても
の妨害とばかり地面を蹴り、乾いた土を倒れた赤星の上に降り注がせると、くるりと背を
向け走り出す。

吸い込んだ砂埃を喉を痙攣させるだけでやり過ごし、赤星は素早く身を起こした。砂の入
ったコンタクトレンズは強烈な違和感を訴えたが、それを無視して彼は手にしたデリンジ
ャーの引き金を引いた。銃声が響く。
桜井は一段と速度を上げた。距離はなかったが外れたのだ。
焦りを感じながら赤星はもう一度に引き金を引いた。当たらない。
さらに引き金を引き――もう小さな銃身から銃弾は放たれなかった。デリンジャーの装弾
数は2発。既に弾倉は空であった。

遠ざかる背中を、赤星は睨むようにして見送った。目が痛んで視界が滲む。
大きく深呼吸をしてから、赤星はデリンジャーを後ろポケットにしまった。
近距離から外したのは、恐らく気の迷いのせいだと思った。デリンジャーの引き金は想像
したよりずっと重かったが、それ以上に自分の内面の問題であると赤星は考える。
だが、桜井を撃ち倒していたら、俺は今頃どんな気持ちでいただろうか?
暗い想いを抱えたまま、赤星はよろめくように数歩歩んだ。その歩みを、視界の端に映っ
たものが止めさせる。
血塗れの立川の死体が、枯れ草の揺れる大地の上に横たわっていた。

[赤星憲広:小型拳銃(レミントン・ダブル・デリンジャー)]

【立川隆史(45)×:残り43人】


277 :49 ◆NRuBx8130A :2005/04/10(日) 14:22:08 ID:5jgCdmiI0
俺原作見てないんですが、バトロワ2って軍艦島が舞台だったんすね…。
素で軍艦島を採用しちまいました…アホ過ぎるorz

278 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/10(日) 21:10:08 ID:Y8GS2Hv20
乙です!

279 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/10(日) 22:57:33 ID:FgPevdiK0
49氏、乙です
桜井…ここでもやっぱりゲームに乗ったか

280 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/10(日) 23:12:21 ID:T5xoJlXe0
そういえば板分割になってネタスレとかってどうなるんだっけ?


281 :924(1/4):2005/04/11(月) 23:03:32 ID:4lOiD+j90
>>252より
49.笑顔

さっきと同じく、そこにその人はいた。いや、そこに"それはあった"。
三東はブランコのそばに倒れ伏した血まみれの沖原に近寄り、じっと
見下ろした。体勢から見てブランコに座ったままやられたらしい。荷物と
デザートイーグルが消えているのは、加害者が持ち去ったのだろう。
こうして残酷に殺されたチームメイトを見ても、かけらほどの悲しみも恐怖も
感じなくなっている。

体育館で佐藤の遺体を見せられた時は、自然と涙があふれてきた。信頼する
人の理不尽な死に悲しみと怒りを感じていた。しかし、他人のために涙を流す
には、自身にある程度の余裕が必要なのだ。つまり、当時はまだ自分が
置かれた苛烈な状況をよく理解していなかったからにほかならない。大変な
ことになったとは思ったが、殺し合いと言われてもピンと来なかった。仮に
本当だとしても、実行するような人物がよもやチーム内にいるとは
考えられなかった。何とかなるだろうという甘い気持ちがあったのだ。

その考えは体育館を出た直後、森の中で見つけた中村泰広に打ち砕かれた。
静かに横たわる彼は、目を閉じ安らかな表情をしていたが、口から流れ出た
血と、胸元に重ねられた両手の下の赤く染まった服、そこに開いた複数の
穴は、誰かの手にかかったことを物語っていた。そこでようやく自分が紛れも
なく殺し合いのただ中にいることを認識させられた。中村が同期入団で
同い年、さらには同じ左投手であることも大きかった。
こんな姿にはなりたくない。殺されたくない。死にたくない。そのためには――
殺す側に回るしかない。
恐怖に駆り立てられた思考は、いともあっさりと乱暴な結論に達した。

282 :924(2/4):2005/04/11(月) 23:05:59 ID:4lOiD+j90
(死にたくなければ、殺すしかない)
心の中で繰り返しつつ、支給品の短刀を握り締めて森の中を歩いていると、
木のそばに座ってカバンの中身を確認している人物がいた。
「誰か、いるのか?」
向こうの声に反応し、考えるより先に身体が動いた。踊りかかりながら
振り下ろした刀は相手の右の肩口をとらえた。そのまま押し倒して乗りかかる。
「三東!? やめ――」
そこで初めて、この一年何かと良くしてもらった牧野だと分かった。

だが、そんなことはもうどうでもよかった。すぐに深く食い込んだ刃を抜き、
二太刀めを見舞ったが、右腕に突き刺さった。これでは駄目だ。殺すなら、
喉か胸だ。今度こそはと左腕を高々と振り上げた時、ゆがんでいた牧野の
表情がふっとないだ。一瞬、心に葛藤が生じる。同時に、大声とともに
脇の茂みから棒を構えた誰かが打ちかかってきた。関西弁のあの声は――
桟原だろうか。とっさにノコギリを拾い上げ、逃げた。

とどめを刺すには至らなかったが、この手で人を、それも親しかった牧野を
襲った。しかし、落ち着いてからも不思議と悔いる気持ちは涌いてこなかった。
これでいい。このゲームで生き残るにはチームメイトを殺す思い切りが
必要なのだから。仲の良かった先輩を害した自分だ。これで他の選手にも
刃を向けられるはずだ。後悔するなら、仕留められなかった気の迷いを
悔やむべきなのだ。

夜が明けてから気づくと、ユニフォームには一面に細かく血が付いていた。
他人が見れば、人を殺したと思うだろう。だが、朝の放送で告げられた
死亡者の中に牧野の名はなかった。自分は誰も殺してはいない。いや、
殺せてはいない。中村を殺した何者かのようにはいかなかった。そう思った時、
誰か分からぬその殺人者に対し、はっきりと恐怖より畏怖を感じた。


283 :924(3/4):2005/04/11(月) 23:08:59 ID:4lOiD+j90
人の命を奪うという非人間的行為、普通の感覚の持ち主なら誰もが忌む行為、
しかし今生き残るためには必要な行為。それをやってのける者に対する畏怖
だった。羨望とさえ言ってもいい。自分もそうなりたい。そうならねばならない。
次に誰かを見つけた時は、かなわない相手でなければ――必ず殺す。
心に決めたが、なかなか他人に遭遇しなかった。

やっと出会ったのが、足元に転がるこの男だった。ブランコに揺られ、ひどく
のんびりしていた沖原。デザートイーグルという強力な武器を持ちながら、
本気で撃とうともしなかった沖原。殺意が無いことは明らかだった。
この相手なら殺せると確信した。なのに、どうしてできなかったのか?

相手の緊張感の無さにいささか拍子抜けしたのは確かだ。だが同時に、
返り血を見てもまったく恐れる様子がない態度は腹立たしくもあった。
自分が実際には人を殺していないことを見抜いているのかもしれない。
ならば、なおのこと殺さなければならない。
それを妨げたのは、彼に投げかけられた一言だった。

――お前何の為に生きてんの? 教えて。
どこか悲しそうな、こちらを哀れむような表情で沖原は問いかけてきた。
何のために生きている? どうして、そんなことを訊くのか。馬鹿馬鹿しい。
無視して殺してしまえばよかった。だが、なぜかあの一言にひるんで
しまったのだ。また――殺せなかった。
生きる理由など、いま考える必要はない。考えてはならない。そう自分に強く
言い聞かせるほどに、沖原の問いはますます頭から離れようとはしなかった。

そして正午の定時放送だ。最初に沖原の、最後に牧野の名が読まれた。
結局、逃した相手は二人とも死んだらしい。牧野の行方は分からないが、
沖原は先ほど別れたばかりだ。いったい、どのように死んだのか? 
それが知りたくて、ここに戻ってきたのだった。果たして、彼は血に染まった
死体となっていた。だが、その無残な姿さえも、彼を殺しそこねた自分を
哂っているように映る。

284 :924(4/4):2005/04/11(月) 23:12:13 ID:4lOiD+j90
次第にいら立ちがこみ上げてくる。三東は膝をつくと、うつ伏せになった沖原の
身体をひっくり返した。死に顔を見るためだ。
期待とは裏腹に、彼の最期の表情は、ひどい死にざまには似つかわしくない
満足そうな笑顔をたたえていた。中村の顔も穏やかだったが、胸の上に
置かれた手といい、誰かが整えてやったらしかった。沖原の笑顔は違う。
作られたものではない。

「どうして、ですか?」
語気を強め、三東は沖原に語りかけた。彼の死に顔が醜ければ、自分の心は
いくぶん安らいだだろうに。
「どうして、笑っているんですか!?」
声を荒げたが、返事があるはずもない。沖原はただ、笑っている。
「くそ……っ!」
三東は沖原を乱暴に転がし、うつ伏せの状態に戻した。

「……沖原さん、何のために生きてるのかって俺に訊きましたよね」
ゆっくりと三東は立ち上がり、再び沖原を上から見下ろした。
「今の俺は、ただ、生きるために生きているんです。他に目的なんてない。
 それだけ、本当にただそれだけです。でも、あなたみたいに死んだら
 何もかも終わりです。負けなんです」

そう、沖原は負けたのだ。むごい方法で殺され、悲惨な死体となり、すべてを
失った。自分は少なくとも今こうして生きている。にもかかわらず、
この敗北感は何なのか。なぜ、この男にとらわれなければならないのか。
「俺はあなたや牧野さんみたいにはなりません。絶対に負けない。
 そのためには――仲間だって殺す」
迷いを振り切るように、物言わぬ沖原に向かって三東は宣言した。

【残り41人】

285 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/12(火) 22:39:42 ID:fLh9KlnS0
職人さん,乙です!
オキさん・・・

286 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/12(火) 23:12:28 ID:PgX8O/ix0
リレーキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
職人さん、乙です!

あと1週間ほどで60日規制に引っかかるのでdat落ちすると思うんだが、
今スレ立てってさらに困難になってるようだね。
相変わらず、見守るスレもドラバトも立たないよな?

287 :代打名無し@実況は実況板で :2005/04/12(火) 23:38:41 ID:F9xkNcDn0
リレー職人さん乙です!
三東もその道を歩むのか……。

見守るスレは代行スレで依頼でてるんだが、立たずorz
ドラバトも依頼したほうがいいんだろうか…。
熟成ネタ系のスレには本当に厳しいルールだよな。

288 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/13(水) 01:51:47 ID:nSWPxDea0 ?
各球団のバトルロワイアルスレを見守るスレ4
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/base/1113322101/

289 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/13(水) 03:05:50 ID:vr4sMyor0
三東、壊れつつあるの?

290 :(1/3)49 ◆NRuBx8130A :2005/04/13(水) 20:52:58 ID:LyyGkaTU0
>276より

27.援軍、微笑んで来たる

だから言ったのに、と杉山は言わなかった。命拾いしましたね、とも言わなかった。
地面に伏せたままの三東に手を差し伸べることさえ思いつかぬまま、彼はただ呆然と立ち
尽くしていた。ノイズの混じるラジオからは、藤本、攻撃、逃走…と、また女性の声で状
況の解説が聞こえてきてはいるものの、内容は杉山の鼓膜より内に入って行こうとしない。
忌まわしいこの放送に注意を傾けることが、次なる命拾いに繋がるかもしれないという事
はそろそろ理解している。だが、この島で起きている諸々の狂った事象のひとつを実際に
目にした――それどころか当事者として関与した事は、理解が行動に追いつくのを妨げる
程のショックを杉山に与えていた。

「…くそっ」
微動だにしない杉山の前で何度か咳き込み、真っ赤な唾を吐き出してから、三東はのろの
ろと立ち上がった。頬に盛大な痣をこしらえ、端の切れた唇を赤く染めた彼は、そのまま
杉山に背を向けて黙り込む。
沈黙が悠々と場を支配した。


291 :(2/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/13(水) 20:56:26 ID:LyyGkaTU0

数分のことであったろう、あるいは数十秒であったかも知れない。永遠に続くかと思われ
る均衡を破ったのは、ふたりのうちのどちらでもなかった。
「三東ぉー!杉山ーぁ!」
遠くから、覚えのある声が聞こえてくる。杉山は心拍数を跳ね上げるだけでは足りずに小
さく飛び上がり、三東もギョッとして辺りを見回した。
「あれ、」
杉山が指差す先に目を凝らすと、近づいてくる人影が確認できた。見慣れたシルエットが
ふたつ、隠れるでもなく怯えるでもなく、むしろ軽いと言っていい足取りでこちらで近づ
いてくる。
「前川さん?江草!!」
友人の姿を見つけると、杉山は顔を輝かせて両手を振った。痩せ気味の横顔にたちまち笑
みが浮かぶ。先程まで泣きそうな顔で俺の腕にしがみついていた誰かとはまるで別人だと、
三東は思わずにいられない。
「すーぎーやーまー!」
前川の少し後ろを歩く江草も同じように呼びかけ、杉山に手を振り返してくる。バックパ
ックを背負ったチームメートがふたり、前川などは片手に持ったペットボトルをちゃぷん
ちゃぷんと言わせつつ、のんびりとした足取りで歩み寄ってくるのである。
まるでハイキングの光景である。
まるで異世界からやってきたようなふたりに三東は面食らったが、ホッとする気持ちを否
定する気は起きなかった。
安堵のため息が、既に漏れた後であった。

292 :(3/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/13(水) 20:59:55 ID:LyyGkaTU0

「良かったわー。意外と簡単に合流できたやんか、な、江草」
「はい!」
丸顔のふたりは言葉を交わしながら正しく笑顔を浮かべ、彼らの到着を待つ者の前に整列
しようとした。が、三東の口の端が赤く染まり、見慣れた縦縞も土で汚れてしまっている
のに気付くと、にわかに慌て出し、そろって荷物に手を突っ込んだ。
差し出されたペットボトルとタオルを、三東は傷の痛みも束の間忘れ、微笑みながら押し
頂いた。前川がジェスチャーで示すとおりに、口の中を『六甲のおいしい水』ですすぐ。
途端に酷い痛みが襲い、彼は顔を顰めたが、杉山と江草が自分とそっくり同じように顔を
顰めてこちらを見るので、どうにも可笑しくなった。噴き出し半分で朱に染まった水を吐
き、切れた唇にタオルを押しつける。そのまま押さえとけ、と何故だか声をひそめ、口元
に手を添えて前川が言う。大人しく頷いて、三東は先輩の指示に従った。
視界の隅では杉山が手にしたラジオと耳のイヤホンを交互に指し示し、親友に己の強力な
支給品についての説明を始めていた。江草の背後で鷹揚に腕を組んだ前川の打つ相槌は、
江草の打つそれよりずいぶんテンポがずれている。
視界の隅では杉山が手にしたラジオを指し示し、親友に己の強力な支給品についての説明
を始めていた。その背後で前川が鷹揚に腕を組む。杉山からイヤホンを借りた江草が、あ、
今、俺たちの合流の情報が流れた!と目を丸くして言った。

数本、歯を失ったらしい。酷く痛むし、今はそんな気分ではないので、詳細な検証は後回
しにしようと三東は即決した。口中に広がる錆に似た味は一旦薄まったものの、新たに滲
み出る感覚もあり、すぐに治まるものでもないようだ。
が、それでも何もかもが十分マシだと、彼は眉尻を下げた。

【残り43人】

293 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/13(水) 22:24:26 ID:6vSaKnEC0
49氏、乙です!
この三東はまともみたいですね

294 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/13(水) 22:51:54 ID:h1E8q85X0
乙です。杉山江草はやっぱ一緒になるんだなあ。
あ、前川と三東は同い年ですよ。

295 :49 ◆NRuBx8130A :2005/04/13(水) 23:01:24 ID:LyyGkaTU0
年齢のみで考えるべきだったか…すいません球暦だと思ってください
後で訂正するかも

296 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/14(木) 06:10:54 ID:LMBOTZSO0
あ、ほんとだ。
こっちの三東は仲間に出会えてよかったね!

297 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/14(木) 23:01:30 ID:t9/9iPks0
三東、若虎BRだと殺しまくってたっけ
どれもはまってるのが面白い

298 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/16(土) 04:37:48 ID:XEddcYjp0
>どれもはまってる
同感ですぅ。

299 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/16(土) 22:38:04 ID:4zTKXvvx0
まえかぁでなごむ。

300 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/17(日) 12:20:46 ID:4xnlIGUaO
今週中にdat落ちの予定?

301 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/17(日) 21:42:24 ID:AG12nkjE0
だね。今スレ立ては厳しいらしいし…
行き場がなくなったら前みたいに
ここに避難させてもらうことになるのかな?

暫定HTBR板
ttp://jbbs.livedoor.jp/sports/20081/

302 :(1/3)49 ◆NRuBx8130A :2005/04/17(日) 23:02:14 ID:m1PoGfm40
>292

28.舞台裏の役者ども

「まあ、大丈夫やろ。ちょっと靴の先しか見えへんけど…」
安全なんですか、と福原に念を押され、岡田は積み上げられたモニタのひとつに顔を近づ
け、見えているそのままを伝えた。島のあちこちに仕掛けられたカメラは膨大な数だが、
それでも死角は多く、状況の把握には苦労させられる。
続いて彼は体を捩り、選手の、正しくは首輪の位置を示す大型モニタを確認した。12の番
号と死亡を示す『d』の字が添えられた赤い点の周りは、ぽっかりと空白域になっている。
傍らで平塚がうんうんと盛んに頷き、岡田に言葉を促す。
「今のうちや、誰もおらんから、な?」
いつの間にかお願いする口調になっているのに、本人が気付いているのかどうか。
「――何を持ってくればいいんですか?」
通信機の感度は良好である。積極的ともとれる福原の態度は喜ばしいが――答えに窮して
岡田は逆に体を捻り、背後を振り返った。平田が両手で大きなバツを作って見せているの
で、睨みつけてから機器に向き直る。
「それはまぁ、行ってみれば分かる。後は頼むわ。俺もいろいろ忙しいねん」
早口でまくし立て、岡田は一方的に回線を切った。すっかり馴染んだパイプ椅子にやれや
れと腰を下ろす。
「やっとられんわ…」
恨みがましい目で平田を顧みる。予定通りに支給品が渡ってないんで、と平田は歯切れ悪
く言って憂鬱な顔をした。少し離れたところでは中西がお手上げのポーズを取る。
金本め、と岡田は吐き捨てるように呟いた。

303 :(2/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/17(日) 23:05:03 ID:m1PoGfm40

隣といい対比じゃないかと、彼らのさらに後方で、床に座り込んだ八木は内心嗤った。
弾丸の貫通した傷は、その足枷的役割を期待されて鎮痛剤を処方されず、処置もおざなり
で済まされた。そして狙い通り、激痛は顕著に体力を削り、その行動を阻害してはいる。
が、うまい口実の種でもある。
彼とて見張られる者のひとりであるが、岡田らに積極的に協力するものでは無論ない。用
足しだなんだと理由をつけては廊下に出、多少の探りを入れ始めていた。

隣室は、このデモのいわゆる実況が行われている部屋だった。
元々そこに設置されていたものは年月のために朽ち、このために新たに直された真新しい
ドアの小窓から、八木は隣室を覗き込んだ。そこにはこの部屋と同じようなモニタの壁が
そびえ立っていたが、それを操るものの錬度にはあまりの格差があった。
状況を読み上げている女、その傍らで指示を飛ばす男。
『Bu、カメラ31のC、25番ズームイン…』――あれは画面の演出指示だったのだろう。そ
れに従う数人のオペレーターが、忙しく機器を操作する。
内側から見張りらしき男が顔を覗かせたので、八木はいかにも偶然目が合いましたという
フリをしてそのまま歩き去った。不自然だったか、と八木はその時の男の鋭い目を思い出
して不安になる。千両役者になれるのはチームの勝利をもたらしてこそだ。素で芝居なん
ぞ打てる気がしない。

304 :(3/3) 49 ◆NRuBx8130A :2005/04/17(日) 23:11:23 ID:m1PoGfm40

そして、戻ってくればこの計画の進行役を任されているはずの面々はこの様子である。
(どいつもこいつも、俺たちはみんなして見世物か)
再び、八木は心の中で嗤おうとした。が、火種の埋まったような傷から痛苦が響き渡り、
それをくぐもった呻きに変える。
八木は呼吸を整えてから、傍らに立てかけられた松葉杖をちらりと見やった。
俺はもう、甲子園のバッターボックスへ入る選手ではない。殺し合いを強要された参加者
でもない。行動の自由が得られるなら、足一本が何だろうか。
八木はモニタを睨みつけるようにして、『d』の表示を数えた。3つ。また、増えている。
(いつまで動けるか。俺に何ができるか、それだけ考えろ)
八木はぎりぎりと奥歯を噛みしめる。
死者の傍らにあり、その死を悼む。それが恵まれた行為だと今日気付いたとして、それで
彼は責められるべきだろうか?

【残り43人】

305 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/18(月) 06:43:56 ID:g9DpFAXe0
おはぎは何をしに行くんだろう。
続きが気になるぞぉ。

306 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/19(火) 19:13:45 ID:T8GgOpODO
アリアスはどこに消えたんだ?
何故放出したんだ?

307 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/21(木) 04:42:09 ID:LMVEE3mF0
鯖復旧保守

308 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/21(木) 09:42:29 ID:STka3lLZO
保守

309 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/21(木) 14:59:50 ID:uY/ImBRZO
IDがBR、保守。

310 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/21(木) 19:10:28 ID:ELZGTL3O0
hosyu

311 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/21(木) 21:37:26 ID:G5p6O9Dm0
hosyu

312 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/22(金) 01:10:56 ID:ivfK9lmN0
アリアスなら、プリケツスレで時々見かけていたんだが。

313 :代打名無し@実況は実況板で:2005/04/22(金) 06:40:20 ID:ivfK9lmN0
と思って探したんだけど、プリケツスレ、消えてしもてるやんけ。

181 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)